バイマ サラリーマンが副業で月収100万以上稼ぐブログ

Make Your Life

BUYMA(バイマ)の外注化完全マニュアル-永久保存版-

104 views
約 14 分

Web Marketing BUYMA

Welcome the next generation into your business for growth and diversification. Learn how to set the stage for transitioning ownership & leadership while promoting intrapreneurship and innovation.

こんにちは、テルです!

今回の記事では、BUYMAの輸入転売ビジネスで稼ぐための必須プロセスとなる【外注化】の
基本的な考え方から具体的な手順までを完全マニュアルとしてまとめました。

  • 外注化したいけど何から始めたらいいかわからない!
  • 外注スタッフってどうやって見つけるの?
  • 自分で人を採用して雇うなんて難しそう・・・

そんな外注初心者さんの疑問や不安が一気に解決できる内容となっています。
ぜひ最後まで読んで、今日から外注化を進めていきましょう^^

BUYMAで稼ぐなら外注化が必須!その理由とは?


BUYMAにおける外注化とは、商品の出品や発送などの各種作業を自分以外の人にお願いすること。
継続的に稼いでいくためには絶対に欠くことができない重要なプロセスの一つです。

これは僕を含む多くのバイヤーの共通意見ですが、まだ外注化に取り組んでいない皆さんの中には、

  • 「外注化の必要性がイマイチよくわからない」
  • 「作業を人に頼んでやってもらうイメージが湧かない」

・・・という人もいるかもしれません。

では、なぜBUYMAで外注化が必須なのかというと、それは【自分ひとりの作業量には限界がある】から。
すべての作業を自分だけでこなそうとすると、遅かれ早かれ売上・利益が頭打ちになってしまいます。

そこで必要になるのが【人に任せる】という考え方。
自分以外の労働力を活用することで限界突破を図るわけですね。

詳しくは以下の記事でご説明していますので、あわせて読んでみてください^^

BUYMAで外注化を検討するタイミングは?


それでは次に、BUYMAの外注化に取り組む時期について考えていきましょう。

結論からお話すると、外注化を始めるベストなタイミングというのは人によって異なります。
現在おかれている立場や状況は人それぞれ違いますから、一概に“いつから“とは言えません。

ただ、ひとつの目安として頭に入れておいてもらいたいのが、外注化を検討するにあたっては
【一通りの作業を自分自身の手でこなして理解できている】のが最低条件ということ。
自分がやったこともないことやわからないことを人に教えることはできないからです。

また、人に作業をお願いするのも当然タダではありませんから、現時点において
【十分な報酬が支払えるだけの利益が出せている】必要もありますね。

これらの条件をクリアできているのであれば、できるだけ早いタイミングでの外注化をおすすめします。
「私にはまだ無理」なんて思っている人もいるかもしれませんが、まずは行動を起こすことが大事です。

TERU
ハードルが高いと思いがちな外注化ですが、一つ一つステップを踏んでいけばそれほど難しくありません。
あなたも自信を持ってトライしてみましょう!!

BUYMAで外注化が可能な作業は?


それでは次に、BUYMAで外注化が可能な作業を具体的に見ていきましょう。

BUYMAで外注化が可能な作業

  • 出品登録
    出品登録は単純作業が多く誰にでも取り組めるので、もっとも外注化しやすい作業です。
    作業をスムーズに進めてもらえるよう、事前にマニュアルを用意しておきましょう。
  • 商品の検品・梱包・発送
    海外から届く商品の受け取りから、検品・梱包・発送までをお願いします。
    クオリティにバラつきが出ないように、作業基準を決めておきましょう。
  • 海外買い付け
    海外のブランド直営店やセレクトショップで商品を買い付け、日本へ発送してもらいます。
    ハイブランドを取り扱いたい場合は海外在住スタッフの協力が欠かせません。
  • リサーチ
    経験がものを言うリサーチですが、条件やルールをはっきりさせておけば外注化も可能です。
    対象のブランドやカテゴリをある程度絞り込んでおくと精度が上がりやすくなります。
  • お客様対応
    お客様からのお問い合わせやクレームの対応もケース別にマニュアル化することで外注化できますが、
    バイヤーとしての信頼に大きく関わる部分なので最初のうちは自分自身で対応するのがベストです。

このように、BUYMAで商品を販売する一連の作業のほとんどが外注化できますが、
中でも特に作業時間を要する【出品登録は真っ先に外注化する】ことをおすすめします。

TERU
自分で出品登録をやらなくなると、一日の作業時間にかなり余裕ができてくるはず。
リサーチや仕入れ先開拓など、今まで手が回らなかったことができるようになりますよ^^

BUYMAの外注化に必要なもの


外注化を始めると決めたら、まずは準備が必要です。
スタッフが集まってから慌てることがないように、最初にしっかり態勢を整えておいてくださいね。

最低限用意しておきたいのは次の4つです。

BUYMAの外注化に必要なもの

  1. Googleスプレッドシート
  2. チャットツール
  3. 作業マニュアル
  4. 面談用資料

それでは一つずつ解説していきます。

Googleスプレッドシート

あなたも普段から出品商品や受注状況を表にまとめて管理しているかと思いますが、
この管理表を他の人と共有できるようにしておくと外注化がスムーズに進みます。

共有可能な表作成ツールは色々ありますが、おすすめは「Googleスプレッドシート」。
複数のユーザーで同時に閲覧・編集ができ、入力したデータは常に自動保存されるので、
スタッフの人数が増えても使いやすいです^^

TERU
Googleアカウントさえあれば誰でも無料で使えるのもスプレッドシートのいいところ!
外注スタッフにも事前にGoogleアカウントを取得しておいてもらいましょう。

チャットツール

外注スタッフへの作業指示や連絡は、主にチャットツールを使って行います。

ビジネス向けのチャットツールにも色々ありますが、特徴や機能がそれぞれ異なるので、
目的に合わせて使い分けると良いでしょう。

以下の記事で僕も使っているおすすめのチャットツールを4つご紹介していますので、
よろしければ参考にしてくださいね!

作業マニュアル

あなたもBUYMAを始めた頃は何かとやり方がわからずに戸惑うことが多かったかと思いますが、
それと同じで外注スタッフも「これから出品登録をお願いします」などと言われても
何をどうしたらいいものかわかりません。

そこで必要になるのが、作業手順やコツ、注意点などをまとめたマニュアルです。

メールやチャット経由で研修することも可能ですが、最初にマニュアルを用意しておけば
一人一人に教える時間を節約できますし、業務開始後にわからないことが出てきた時にも
マニュアルを見直せばスタッフ自身で解決できるので作業が効率良く進みます。

「マニュアルなんて作ったことない」という人も多いかと思いますが、最初から完璧でなくても大丈夫。
スタッフの意見を聞きながら、少しずつ改良を加えていきましょう。

以下の記事で動画・PDFマニュアルの作成方法を解説していますので、よろしければ参考にしてください^^

面談用資料

外注スタッフを採用する際には、必ず一人一人と面談を行いましょう。
直接顔を合わせなくても、Skypeなどで話をするだけで大丈夫です。

その際は相手に聞きたいことやこちらから説明したいことをまとめた資料を手元に用意しておくと、
聞き漏れ・伝え漏れの心配がありません。

TERU
面談のポイントについては次項でご説明しますね^^

BUYMAの外注スタッフを募集する方法


ある程度の準備が整ったら、外注スタッフの募集をかけていきましょう。
ここからは外注スタッフの募集方法と、募集時のポイントを解説します。

どこで募集すればいいの?

求人には様々な方法がありますが、もっとも手軽にできるのは【クラウドソーシングサイトでの募集】です。

クラウドソーシングとは、簡単に言うと「オンライン上で不特定多数の人に業務を発注する」こと。
クラウドソーシングサイトは仕事を依頼したい人と仕事をしたい人との仲介役のような存在です。

様々なクラウドソーシングサイトの中で、僕がおすすめするのは「Croudworks(クラウドワークス)」
会員数が300万人以上と多いので応募が集まりやすく、採用までスムーズに進むケースが多いです。

以下の記事では、クラウドワークスの会員登録から求人募集までを画像付きで詳しく解説しています。
初めての求人でもこちらを参考にしながら進めていけば難しくないので、ぜひやってみてください^^

スタッフ採用時のポイントや注意点は?

「初めての求人募集でどうしたらわからない!」という場合は、自分と同じようにBUYMAの外注スタッフを
クラウドソーシングサイトで募集している人の投稿を参考にしてみましょう。

仕事を探している人の目を惹く募集タイトルのつけ方や依頼文の書き方のヒントが見つかるはずです。
(ただし丸パクリはNGです!)

先ほどお伝えしたように、応募がきたら面談を行って自分が求める人材像に合う人かを確認します。

面談時のチェック事項としては【1日の作業時間】や【これまでの経歴】【主な連絡手段】などなど。
中でも【BUYMA関連の仕事経験の有無】については忘れずに聞くようにしてください。

というのも、過去にBUYMAでアカウント停止になったバイヤーをお手伝いしていた人を採用してしまうと
IPアドレスから紐付けられて自分もアカウント停止になる可能性があるからです。

そのほか外注スタッフに確認すべき項目や注意点などは以下の記事にまとめていますので、
募集を始める前にぜひ一度読んでみてください^^

まとめ


いかがでしたか?

今回は「BUYMA外注化マニュアル」と題しまして、外注化の基本的な考え方から
具体的な手順までをお伝えしてまいりました。

外注化については「まだ早いかも」「もう少し忙しくなってからで十分」と考えている人が多いようです。
中には「人に仕事を任せるのは不安」という理由で外注化に踏み切れない人もいるでしょう。

しかし、誰しも自分ひとりだけでこなせる作業量には必ず上限があるものです。
その限界を超えていかなくては今以上に売上・利益を伸ばすことはできません。

BUYMAで安定的に大きく稼ぎたいと思うなら、自分以外の人の力を借りることも必要です。
【個人プレーではなくチームプレーで成果を上げていく】ようなイメージだと思ってください。

物事を新たに始める時というのは少なからずエネルギーを使うものですが、
一度やってしまえば「意外とこんなものか」なんて思ったりしますよね。

外注化も同じで、実際に進めていくとそれほど難しくないことに気付くでしょう。
この記事を最後まで真剣に読んでくれたあなたなら、きっとスムーズにいくはずです。

TERU
もちろん心配なことやわからないことがあれば、いつでも遠慮なくご相談ください。
あなたが素晴らしいパートナーと出会えるようサポートさせていただきます!

テルへの質問・相談はこちらから

それでは今日はこのへんで。
最後までご拝読いただきありがとうございました^^

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE