TERU BLOG

Make Your Life

BUYMA(バイマ)で偽物を買わない為の注意点と見分け方のポイント

1558 views
約 1 分

Web Marketing BUYMA

Welcome the next generation into your business for growth and diversification. Learn how to set the stage for transitioning ownership & leadership while promoting intrapreneurship and innovation.

こんにちはテルです^^

皆さんはBUYMA(バイマ)というサイトをご存知ですか?

TERU
BUYMA(バイマ)は自宅にいながら海外のブランドものや、日本では手に入らない海外限定品などが簡単に購入でき、とても便利な通販サイトです。

海外での買い付けのため、定価より安く買えるものも多くあり、好きなブランドの欲しい商品が手に入ります。
世界的に人気のブランドだけど日本に未上陸というブランドも買えるのでとても魅力的な通販サイトです。

そんなBUYMA(バイマ)ですが、ここ数年みるみるうちに大きくなり販売者も購入者もうなぎ上りに増え、
通販サイトで3本の指に入るほど大きなサイトに成長しました。

しかし、海外のものを通販する、定価よりも安く買える、と「輸入」「海外」「ブランド品」などと聞くと
ニセモノなんじゃないのなど、不安を感じる方もいらっしゃると思います。

どんなことに気を付けてBUYMA(バイマ)を利用すればいいのか
そもそもBUYMA(バイマ)で偽物を販売しているバイヤーはいるのか

など、皆さん疑問に思っていることに対してお答えしていこうと思います。

ざっくりではなく、実際どうすべきなのか、どう判断すべきなのかということを細かく書いてますので、
少し長めの記事になりますが、ぜひ最後まで読んでいただければと思います。

こういうブログや記事は比較的たくさん出ていますが、ここまでまとめて細かく書かれているものは
あまり見たことがありません!

読んだ上ですべて実行してもらえれば、本物の商品を安心して手に入れてもらうことができますので
最後まで読んでいただければ幸いです。

目次

BUYMA(バイマ)で販売されているものは本物なの?

BUYMA(バイマ)で購入するものが100%本物か?ということはみんな疑問に思っていることだろうと思います。

BUYMA(バイマ)で偽物を売るなんてそんな人は絶対いない!
絶対にすべての商品が本物だ!

とは言い切れず結論から言うと、基本的には偽物を売っている人はいない。という回答になります。

なぜなら、バイヤー自身が本物だと思って買い付けしたけど、実はニセモノだった!
なんてこともゼロではないからです。

BUYMA(バイマ)とはどんな運営方法で成り立っているか

TERU
BUYMA(バイマ)とは世界各国に住んでいるパーソナルショッパー(バイヤー)と呼ばれる人たちがショップから買い付けをしてBUYMAサイト内で売るというC to Cのプラットフォームです。

このパーソナルショッパーは基本的には現地に住んでいて、その国にしか売っていない素敵なものをBUYMA(バイマ)を
通して世界中に発信したり、日本で手に入りにくい人気商品がすぐに手に入る環境にいればそれを買ってBUYMA内で
売るなどという仕事をしています。

もちろん日本に在住のパーソナルショッパーもいて、現地に強固な買付けルートを持っている人もいます。

BUYMAで買えるもの

  1. 世界的にとても人気だけど、日本にはまだ未上陸のブランドのもの
  2. 日本でのブランド展開はあるけれど、その商品自体は日本での販売はしていないもの
  3. 日本で爆発的に売れていていつも品薄で買えないけれど、海外だったら普通に買えるもの
  4. 海外限定商品

など、BUYMAでは海外に行く予定でもなければ買うことができない商品をたくさん見つけることができます。

しかしこのパーソナルショッパーが、100%本物を買い付けしてきているなんてことが果たして言えるのか
というところがポイントです。

ブランド物などの高価な買い物になる場合が多いので、偽物を買ってしまったらどうしようという
消費者の不安はなかなか消えません。

BUYMA(バイマ)と普通の通販サイトの違い

TERU
BUYMA(バイマ)と普通の通販サイトの大きな違いはBUYMA(バイマが)が商品を販売しているのではなくBUYMA(バイマ)に登録したバイヤー個人が販売しているという点です。

つまり、商品ごとに売り手が違うんです。
基本的には商品が到着し取引が完了するまでは、バイヤーと購入者でやり取りすることになります。

BUYMA(バイマ)というのは購入代行という形式で

「あなたが欲しいものを代わりにかってきてあげるよ」
「こんな人気商品を買い付けてきたけど、欲しいものがあれば買ってね」

という仕組みのため、全ての商品が100%本物ですとは言い切れないわけです。

もう少し噛み砕くと、バイヤーで生計を立てていて、もう買い付けするときのポイントもわきまえているし、
偽物をつかまされるようなところではそもそも買い付けなんてしない。

そのようなプロフェッショナルにバイヤーの道を極めているという人たちばかりが出品者ではないからです。

BUYMA(バイマ)自体がとても有名になってしまって、ちょっとしたお小遣い稼ぎ感覚や遊び感覚で
出品者になっている人もたくさんいます。

要はメルカリやヤフオクなどの個人売買サイトと同じで、
よし!副業としてバイヤーになろう!と思えばなれてしまうんです。

そうすると、バイヤーとは何かを知らなくてもいいし、とくに勉強もしなくてもバイヤーというものになれてしまうわけです。
もしかしたらBUYMAの規約やガイドなんて読んだこともないし、これからも読まないという適当な人もいると思います。

遊び感覚やお小遣い稼ぎ感覚だと、あまり深く調べることもしないので、優良仕入先だと思っていたところから
偽物を買わされたとしても気づきません。

そして知らず知らずのうちにニセモノを本物として売ってしまうということがあるということです。

これさえ見抜くことができればBUYMA(バイマ)でのお買い物はとても安心ということになります。

偽物を売る人は実際に存在するの?

BUYMA(バイマ)の規約でもブランド品の偽物を販売する行為は禁止されていますが、
そもそも、ブランド品の偽物を偽物と知っていて売ることは犯罪です。

また、よく偽物のブランド品を大量に海外から持って帰ってきて逮捕されたとか、路上で販売していて逮捕された
ニュースをみますが、BUYMA(バイマ)で偽物を売るという行為はいわゆるそれと同じで犯罪行為になります。

BUYMAで人気のあるバイヤーは、BUYMA(バイマ)がここまで有名になる以前から固定客を確保していたり、
仕入先などと契約を結んで安く仕入れたりというやり方で商売をする人が多くいます。

新規参入者は一から取引履歴や高評価を積み上げていかなければいけないので、
なかなか大変でたくさんの労力を使いますし、もちろん努力も必要です。

そうすると、偽物を売ったら儲けが出るのではないかとラクしたいがために悪い方向に行こうとする人が
少なからず出てくることもあります。

ブランド品を買い付ける場合、本来であれば正規の店舗に買い付けに行き、それを販売する
というやり方が基本です。

商品の価格が高くなればなるほど、仕入れの価格も高くなりますので、仕入れるための資金などの関係から、
既に固定客がついているバイヤーや、仕入れにお金をかけられるバイヤーなどと価格競争に勝てなくなります。

商品が偽物となると、もっと高利益が狙えるし、更に購入者にはお安く提供してたくさん売るという方法で、
販売数は少なくても、利益率を上げるということ可能になります。

そもそも偽物というのは、素材も粗悪で、製造原価を最低限に抑えることで仕入れ単価を安く設定しています。
そうすると、販売数が少なくても利益率が上がるという仕組みで成り立っています。

ただ殆どの人たちは社会で生きていくうえで守らなければならないルールというのを理解していますし
BUYMA事務局も悪質な出品者が出ないよう厳重に取り締まっていますので、

現時点では偽物を売っている人は限りなく少ないと言えます。
(故意に売っている人は100%いないと言っても良いと思います。)

次項ではBUYMA(バイマ)がどんな会社なのか、どんな風に運営しているのかということを知り
どうすれば偽物を買わされずに済むかというところをご説明していきます。

BUYMA(バイマ)というサイトについて


BUYMA(バイマ)はenigmo(㈱エニグモ)という会社によって運営されているECサイトです。

このエニグモは東証マザーズに上場しており、社会的信用がきちんとある企業です。

BUYMA(バイマ)はどんな風に運営されている?

BUYMA(バイマ)でパーソナルショッパーとして登録し商品を出品する際には
一番最初の出品の際にBUYMAに適正な人物かどうかの審査を受けることになります。

この審査に通過しないと、BUYMAでパーソナルショッパーとして活動することは出来ない仕組みとなっています。
つまり最初の登録の段階である程度の篩いにかけられBUYMのパーソナルショッパーとしてふさわしいかどうかを
判断されるのです。

またサイト内をバイマ運営局が日々、偽物が販売されていないか、悪質なバイヤーはいないかと監視しています。
このように偽物を販売できないシステムになっているので、基本的には偽物を出品することはできません。

更にニセモノが多く出回っているブランドに関しては、出品時に審査があります。
現時点では下記のブランドは出品制限が掛かっています。

審査が入るブランド

  • MONCLER(モンクレール)
  • CANADA GOOSE(カナダグース)
  • UGG Australia(アグ・オーストラリア)/li>
  • Supreme(シュプリーム)
  • Daniel Wellington(ダニエルウェリントン)
  • Oliver Gal(オリバーガル)
  • ※出品時の審査にクリアしても、抜き打ちで取引時にまた審査があることもあります。

    またBUYMAが禁止している仕入れ先が複数あり、もし禁止されている仕入先から仕入れたものを販売した場合は、
    出品者のBUYMA(バイマ)のアカウントは完全に停止します。

    BUYMA(バイマ)で購入した際にトラブルが起こったら運営サイドは対応してくれる?

    バイマ事務局も万全の体制で監視、運営をしていますが万が一、購入後手元に届いたときに
    「これは偽物かもしれない」「偽物だと思う」など不安になってしまった場合はBUYMA鑑定サービスに申請して
    みてください。

    鑑定サービス

    鑑定はすべて無料で、負担しなければならないのは、BUYMA(バイマ)が指定する場所へ商品を送付する際の送料のみです。
    本物だと鑑定された場合は、鑑定書とともに商品が返送されてきます。

    万が一、偽物だった場合は商品はBUYMA(バイマ)が引き取り、取引自体をキャンセルとし支払った商品代金は全額返金される
    ということになっています。

    最初の指定された場所へ送るために支払った送料はBUYMA(バイマ)のポイントとして返還されます。

    鑑定サービスの注意点

  • 取引のステイタスが出品者から発送済みで、決済確定前であること
  • 商品が未使用であること
  • 鑑定可能なブランドであること(鑑定取扱いリストはこちらから
  • BUYMA(バイマ)利用規約に基づく審査において利用規約に定められた要件を満たすとBUYMA(バイマ)が判断していること
  • また、BUYMA(バイマ)あんしんプラスという保証制度もあります。
    この制度は以下の4つの保証制度から構成されています。

    BUYMAあんしんプラス

  • 到着した商品を鑑定する「本物保証制度」
  • 到着した商品の不具合を補填する「初期不良保証制度」
  • 配送中の紛失を補填する「紛失保証制度」
  • 到着した商品のイメージやサイズ違いを補填する「返品保証制度」
  • 購入時に商品代金の1.44%(税込み)、2万円以下は一律288円(税込み)を
    支払うと上記4つの保証制度が受けられるものです。
    購入時のオプション「あんしんプラス」

    本物保証制度

    これは無償鑑定制度のことです。下記のブランドに当てはまることが対象です
    ブランドリスト
    手続きの流れ

    初期不良保証制度

    BUYMA(バイマ)品質ガイドラインを確認の上、初期不良、不良品に該当する商品であることを確認してください。
    ガイドライン
    手続きの流れ

    紛失保証制度

    パーソナルショッパーから購入者へ配送された商品が配送途中で紛失した場合に使える制度です。
    手続きの流れ

    返品保証制度

    届いた商品のイメージが異なったり、サイズが合わなかった場合に使える制度です。
    手続きの流れ

    バイヤーの信頼のためでもあるし、購入者の安心のためでもあるこの鑑定サービスや、あんしんプラスのサービスは
    是非利用すべきです。

    上記のような仕組みがあるため、もし万が一ニセモノを購入してしまったとしても泣き寝入りしなければならない
    ということにはならず、購入者は安心してお買い物ができます。

    また偽物を出品してしまった人にはペナルティが加えられ、BUYMA(バイマ)を通しての仕事は一切できなくなり
    ますので、偽物を出品することは非常にリスキーです。

    100%に近い確率で本物が買えるサイトとなっているのです。

    本物だとわかれば、購入者も安心して使用することができますね。

    BUYMA(バイマ)では更に安心して取引をするための機能が充実

    このほかにもBUYMA(バイマ)が運営していく中で
    安心安全に取引できるように設定している機能がいくつかあります。

    後払い式 安心安全決済システム

    お客様に商品が届き、その内容を確認後、サイト上で到着通知することでお支払いが確定します。
    一度商品を確認することができるため、「届いた商品が偽物ブランド品かもしれない」
    「サイズや色がまったく違う」などの不安やトラブルの場合でも代金の持ち逃げをされる
    ことがありません。
    引用元 : BUYMA

    BUYMA(バイマ)セーフティサービス

    トラッキング(追跡機能)付きの配送方法で商品が紛失した場合や、非正規品が届いた場合には、
    所定の手続きをしていただくだけで、BUYMA(バイマ)が最大20万円まで補償します。
    引用元 : BUYMA

    プレミアムバイヤー制度の充実

    BUYMA(バイマ)には安心してお取引いただけるようにBUYMA(バイマ)公認のプレミアムバイヤーがいます。
    初めてBUYMA(バイマ)を利用される方、ネットでのお取引が不安な方はプレミアムバイヤーからのお買い物をおすすめします。
    引用元 : BUYMA

    パトロールの強化

    BUYMA(バイマ)では問題のある商品の出品や、トラブルの多い会員に関しては、
    善し悪しに限らずBUYMA(バイマ)利用停止措置を行っております。
    引用元 : BUYMA

    万全のシステム保守

    BUYMA(バイマ)では、お客様の個人情報を守るため、システム保守に万全を期しています。
    また、Pマークに基づいた適切な個人情報の管理を行っております。
    安全で楽しくお買い物ができる環境を提供できるよう努めてまいります。
    引用元 : BUYMA

    このように非常にしっかりとした方法でサイトの運営をしていることがわかりますね^^

    購入前に確認しておくこと16選!!

    TERU
    BUYMA(バイマ)で商品を購入する際に、ここに気を付けたら安心して本物の商品が買える!というポイントを一覧にしてまとめてみました。

    16項目と多めですが、全て大切な判断材料ですし、これさえ確認すれば物を買ってしまうことはまずない
    と思っていただいて構いません。

    じっくり読んで確認したうえで商品を購入して頂ければと思います。

    パーソナルショッパーの取引履歴や評価を確認!

    BUYMA(バイマ)では購入後、お客様が出品者の評価をするという仕組みを作っています。

    購入したいと思っているバイヤーの評価を見れば、そのバイヤーが今まで何を売ってきたか、対応などは
    早かったのかなどどのような取引をしてきたのかという履歴を確認することができるわけです。

    まずここを確認しよう

    1. 取り引きの回数を確認しよう
    2. 評価の件数が最低でも500(できれば1000)を超えている人はある程度の評価があって、
      取引慣れしている場合が多いので対応がスムーズにいく可能性が高いです。

    3. 総合評価を確認しよう
    4. 取引の数に関係なく、総合評価が4、(できれば4.5)を超えていればあまりトラブルもなく
      スムーズに取引できる相手と考えて問題ない場合が多いです。

    5. 始めたばかりのバイヤーの場合
    6. まだBUYMA(バイマ)をはじめたばかりで評価数は少ないという出品者でも、総合評価が4.0
      を超えていれば安心して取引することができることが多いです。

    7. 一番安心なのは?
    8. 一番安心なのは、評価数が最低でも500以上、できれば1000以上あり、総合評価も高い出品者ということになります。

    取引件数が1000件を超えてくるともう取引にはだいぶ慣れているので安心出来ますが、
    更に安心して購入するため、購入者からの評価のコメントも必ず読みましょう。

    BUYMA(バイマ)では、購入者が5段階で評価をつけることができます。

    評価項目

    1. 出品者に対する総合満足度
    2. 応対の丁寧さ
    3. 返信の早さ
    4. 梱包の丁寧さ
    5. 評価コメント

    ※星4つ以上をつけると「満足」の評価となります。

    上記【1】から【4】までで点数が低いと「不満」の評価になります。
    不満評価のコメントの中に「偽物を売られた」とか「怪しい商品を売られた」などという偽物を売ったかもしれない
    という購入者からの書き込みがあった場合、もし購入する際は細心の注意を払ってください。

    しかし、購入者の書き込みの中には、商品が気に入らなかった、メールの対応が気に入らなかったなど
    商品以外の理由で悪意ある誹謗中傷を書きこむ購入者もいますので、それをよく見極め、他の評価も参考にしながら
    総合的に判断するようにしてください。

    ポイント

    1. BUYMA(バイマ)歴が長く、コンスタントに取引している。(取引の期間があまりあいていない)
    2. 登録後の期間が短くても、最低でも500、できれば1000以上の取引がある。
    3. 不満の評価、コメントが少なく総合評価が4.0以上ある
    4. 不満な評価に対して誠意あるコメントを返している
    5. 購入者が知りたいと思う情報をきちんと載せている

    価格が安すぎるときは何故そんなに安いのかバイヤーに確認しよう

    まず、BUYMA(バイマ)では国内の参考価格や定価などより安く買える場合が多いです、
    とても人気で品薄という商品は別ですが、たいていの商品は安く買えます。

    安く買える理由

    1. 海外ブランドはそもそも日本より海外のほうが安い
    2. ショップから特別な割引を得て仕入れている
    3. 卸価格で仕入れている
    4. 薄利多売で販売している

    定価より安い=偽物というわけではないですが、定価から50%OFFなど余りにも安い場合は疑ってください。
    偽物かもしれないし、訳ありで安く販売している場合もあります。

    理由は個々様々ですので怪しい場合は売っているバイヤーに理由の確認をしましょう。

    自分が欲しいと思う商品の品番や型番、サイズなどをチェックしよう!

    TERU
    欲しい商品の正式品番、型番、仕様など商品についてしっかり下調べした上で購入しましょう。

    自分で調べた情報とバイヤーの出品情報や、お問い合わせから詳細を聞いてみて的確な回答が得られなければ
    購入を再検討してみましょう。

    商品のことがあまりわからないまま販売しているバイヤーはわかっているバイヤーに比べて信用度が下がりますし、
    わからないバイヤーでもしっかりと対応してくれる人から買うほうが偽物を買ってしまう可能性は圧倒的に下がります。

    問い合わせをして出品者の人柄を確認しよう!

    TERU
    直接会うことはありませんが、どんな人が販売しているかは重要です

    購入する前に、商品の詳細や在庫状況などの確認を問い合わせたりすることがあると思いますが、
    これは出品者を知るための有効な手段となります。

    連絡を取り合うことになるわけなので、メッセージの内容や返信のスピードなどで信用できるかどうかの
    判断材料のひとつとなります。

    買い付け場所は必ずチェック!

    購入前に買い付け場所を確認しましょう。
    バイヤーは出品時に、どこの国の、どういう場所で買ったかということを設定することができます。

  • イタリア、ミラノ ブランド直営店
  • フランス、パリ 正規取扱い店
  • ノードストローム
  • フィレンツェ 正規アウトレット
  • 例えば上記のようにバイヤー自身で設定することができます。

    出品元の国情報はとても重要でブランド品の偽物が多い地域(国)は一度は聞いたことがあるかと思います。

    後述しますが、偽物が多く販売されている地域・国で買い付けたバイヤーから購入するのは偽物を買ってしまう
    リスクが少し高くなります。

    それぞれの意味

    1. 直営店
    2. そのブランドが直接運営している店舗のことを指します。

    3. 正規店・正規取扱店
    4. 直営店もこの中に含まれるのですが、基本的にはセレクトショップのことを指します。
      バーニーズニューヨークやユナイテッドアローズは自社ブランドのものも販売していますが、
      他にもいろんなブランドを取り扱っています。
      ブランド側から売ってもいいですよと正式に言われているのがこの正規店・正規取扱店ということになります。

    5. アウトレット店
    6. BUYMAで販売されているアウトレットはブランド直営です。
      傷物ということはなく、正真正銘本物ですが前シーズンのものや売れ残ってしまったものなどが多いです。

    基本的には直営店でも正規店でもアウトレットでも本物なので問題はないんですが、直営店でしか付属しない付属品
    まで欲しい場合や、日本のお店メンテナンスを受けたいという人は直営店での購入に絞ったほうがいいです。

    正直、直営店で買ったと記載されていても、実はセレクトショップで買ったということも有り得ます。
    ただし、直営店で購入しようと思ったけど、品切れだったから、きちんと正規ルートで買い付けているとわかっている
    100%本物しか取り扱っていないセレクトショップで買った。などという理由が大多数です。

    並行輸入品は偽物なの?

    皆さんの中にも並行輸入という言葉を一度は聞いたことがある。という人もいるかと思います。
    並行輸入品とは、メーカーが認める正規輸入代理店以外を通じて国内に輸入された商品のことです。

    つまりBUYMAからの購入はブランドとは直接関係無いバイヤーが間に入っている場合が多いので
    並行輸入品が多くありますが正規ルートをたどって販売されているのか、他のルートをたどって販売されているのかの違いで
    製造元は同じですので、ルートが違うだけの場合、商品は本物です。

    壊れたりした場合、並行輸入品は修理できないというルールを作っているブランドもありますので、注意が必要です。
    どうしても心配が拭えないという方は、どこの国のどこの街のどこというお店で買ったと明記している出品者も
    いますので、そういう出品者からの購入が安心です。

    日本未発売商品を買う際も注意しよう

    TERU
    日本未発売商品を購入する場合も注意しましょう。

    各ブランドには『日本限定商品』があるように、「日本未発売商品」というものがあります。
    特に日本のブランドではなく、海外のブランドの場合、日本未発売商品はたくさんあります。

    日本にいると、その日本未発売商品は自分の目で見ることはないので、本物か偽物かの区別がつきにくいことが多いです。
    日本在住の日本人にはわからないのでそれを悪用して偽物を販売しているという可能性もあります。

    日本版の公式サイトに掲載はなかったとしても、海外版ならば掲載がある可能性もありますし、
    日本のカスタマーセンターや店舗に問い合わせたら調べてくれることもあると思いますので、その商品が存在して
    いるのかどうかを確認してから購入されることをおすすめします。

    購入後、怪しい!と思ったら、すぐににBUYMA(バイマ)無料鑑定サービスに申し込んでください。

    最安値で売られている商品にも注意しよう

    同じ商品が何点か出品されていても、それぞれの出品者が販売価格を設定しているので価格は個々でバラバラです。
    その中で最安値で販売されている商品は少し注意してみましょう。

    ポイント

  • 買付け国の定価よりどれくらい安いのかを確認しよう
  • 他のバイヤーよりどれくらい安いのかを確認しよう
  • 本物なんだけどどうしてもお金が必要だから、最安値で出品しようという人もいますし、
    実は偽物なのに本物だと思い込んでいて、これくらい利益があればいいと思い、
    何も考えずに安い価格で出品する人もいるかもしれません。

    つまり仕入れ値が安いものは、安く出品される場合が多く、仕入れが安いということは、
    偽物の可能性もあるということです。

    もちろん最安値のものがすべて偽物だというわけではありませんが、偽物か本物かを見極めるポイントにはなります。

    購入した際にもらったレシート(購入証明)も商品と一緒に送ってもらおう!

    TERU
    現地で買い物をした場合、必ずレシート(購入証明)をもらうと思いますので、それを一緒に送ってもらうように交渉するのもひとつの手です。

    レシートはあくまでも確認材料のひとつですが、正規店で購入したことを証明するレシートをもらうのも
    有効に働くときがあります。

    直営店で購入や正規店・正規取扱店で購入などは絶対にレシート(購入証明)をもらっているはずなので、
    不安な方は聞いてみましょう。

    当然、ニセモノの場合はレシート(購入証明)をつけることはできませんので、つけられないと言われた段階で、
    怪しいと疑うことができます。

    しかし、商品自体は本物なんだけど、仕入れ値よりだいぶ高額で出しているので購入価格を知られたくないとか、
    仕入先がばれてしまうと、他に出回ってしまった際に自分の仕事に支障をきたすかもしれないなどの理由で
    レシート(購入証明)を渡したくないという出品者もいます。

    大量購入しているバイヤーの場合は個別に渡せないという人もいると思うので、
    コピーなどでもつけられないかを確認し、それでもだめだった場合は、記載内容をきっちり確認してください。

    得意ショッパーランキングを利用しない手はない!

    BUYMA(バイマ)には得意ショッパーランキングという機能があります。

    実はあまり知られていないので、ご存じない方のほうが多いかもしれません。
    そのブランドをものすごくたくさん売った経験があって、売上が高い人から順に順位付けされています。

    売上が高いということは、それだけ取引履歴が多いということです。

    ランキングに入っているくらいそのブランドの商品を売っているわけですから、
    当然本物か偽物かくらい分かるバイヤーが出品しています。

    偽物を売っていた場合はすぐ摘発されてもおかしくないですし、そこまで売上があるのに偽物を売るメリットがないので
    安心して購入出来る可能性が高いと思って良いです。

    偽物が多く出回っている国からの出品には要注意!

    偽物が多い国の出品者からブランドのものを買うときは本当に注意してください。

    よくアジアなどの特定の国や地域で「偽ブランド大国」なんて呼ばれている場所がありますが、
    そういう国や地域から出品されているブランドのものを買うときは本当に注意が必要です。

    例えば、ルイヴィトンなんてとても有名ですし、グッチもシャネルもよく耳にします。

    TERU
    レア!なんて書かれていても、実際そのブランドにそんなデザインのものがそもそもなかったり、レアのくせにとても安かったりするのは注意しましょう。

    買い付け先は必ず確認!

    ある程度の買い付け先は確認したほうがいいです。

    どこの国のどの地域の直営店で購入するとか、セレクトショップで購入するなどという情報は是非購入前に
    確認してみてください。

    質問はすべて公開されますので過去のお問い合わせも確認しましょう。

    出品者は別に嘘つけるよね?と思いがちですが、最近はBUYMA(バイマ)事務局の規制が厳しく嘘をついたことがわかると、
    警告されたり、アカウント停止になる場合もあるようなので、出品者はなかなか嘘がつけない状況なのです。

    詳細を書いていない出品者の場合は、ぜひ出品者に質問してみてください。

    前のシーズンのものを買うときは注意が必要!

    有名ブランドの前のシーズンの人気商品というのはほぼ残っていないことのほうが多いです。
    もちろん在庫が残っている商品もありますが、人気商品はほぼ1年以内に完売したり店頭からは姿を消します。

    「今期の新作」と呼ばれるもので、これから定番化するとか、
    ずっと定番商品で残っているものは気にする必要ないですが、
    基本前シーズンの商品の場合は少し疑いの目で見ましょう。

    出品者の情報があまり得られない場合の対処方法!

    TERU
    出品者の履歴や、評価を見て、取引履歴がすごく少なかったり不安要素があった場合は事細かに質問しましょう。

    例えば、どうしても欲しいものがあって、ひとつだけ出品されているんだけど出品者の取引履歴も少ないし信用して
    いいのかわからないということもあるかもしれません。

    そんな時は出品者に質問しましょう。

    仕入れ先の安全性、関税のこと、発送までの日数などです。

    仕入先が怪しいところであれば、Alexa(アレクサ)というサイトでどういう仕入先なのかチェックできますし、
    関税に関しては、BUYMA(バイマ)の規定で誰が負担するか決まっています。

    例えば、海外からの発送で、一旦日本に届き、日本国内から購入者への配送であれば、一旦日本に届くときに
    受け取る人が関税を負担します。

    海外からの発送で購入者へ直送する場合は購入者が関税を負担します。

    そういうことをすべて理解しているのかという確認をしましょう。
    全く何も知らない状態で関税がかかるとなったり、商品が届かないなどといったトラブルに巻き込まれ可能性
    もあるからです。

    特に仕入先の安全性は最重要項目として確認してください。

    出品者からしたら少し面倒なお客さんだなと思うかもしれませんが、
    とても慎重な購入者だと認識づけることができてとても丁寧に対応してくれる可能性が高いです。

    仕入先の安全性も確認してなかった場合は確認しないといけないなと思うでしょうし、
    もしその質問をされて適当に回答し、偽物だった場合はそのあと大問題になることが目に見えています。

    そもそも海外と日本では、きれいとかきちんととかの認識が違います。
    海外だったら、多少箱が凹んでいても、商品がきれいだから平気よ!という人が圧倒的大多数ですが
    日本は箱もきれいに保管したい。箱に凹みや傷があるなんて有り得ないと思う人も多くいます。

    ちょっと日本が細かすぎるのかなと思ったりもしますが、最高級のサービスができるのが日本のいいところなので
    日本人向けに商売をするのであれば出品者はその心得を持っていたほうがいいです。

    TERU
    購入者と出品者がお互いに安心して取り引きが出来るように、細かいことまで質問してしまいましょう。

    出品者の対応は重要判断材料!

    前項でも少し書きましたが、BUYMA(バイマ)では出品者と購入者のやり取りをお問い合わせ欄で
    見ることができます。

    もちろんその問い合わせ欄に自分が問い合わせることもできます。

    購入者からの問い合わせに対して誠心誠意対応している出品者から購入するようにしてください。

    丁寧で親切な対応をしてくれる出品者はだいたい取引完了に至るまでスムーズに物事がすすみます。

    なかなか返信が来なかったり、言葉遣いが荒っぽかったり、
    「日本では手に入らないものを売ってやる」などといった横柄な態度の出品者もいます。

    そういう出品者から購入すると、取引の際のやり取りも気分がよくないですし途中でトラブルにもなりかねません。

    TERU
    せっかくお金を払って商品を購入するわけですから、気持ちよく取引できる出品者から購入しましょう。

    出品時の画像はしっかりチェック!

    何枚か商品画像を掲載している出品者は多いですよね。
    いろんな角度から撮ったものやタグだけの写真などいろいろあります。

    しかしあまり、商品画像を掲載していない出品者もいますので、以下のポイントは必ず確認しましょう。

    DigiPressとは?

  • 商品の内側の写真も掲載しているか
  • 色々な角度からの商品画像を掲載しているか
  • 付属品の写真を掲載しているか
  • アップの写真を掲載しているか
  • 無在庫で出品している出品者は海外オンラインショップの画像をそのまま掲載している場合が多いので、
    写真だけで出品者が偽物を出品しているとは言い切れませんが、商品の詳細が分からない場合は
    出品者に対しては必ず問い合わせをしてください。

    的を得た回答が得られれば購入してもいいですが、納得がいかない回答や、
    回答が返ってこなかった場合などはその出品者からは買わないようにしましょう。

    プレミアムショッパーでも念のため確認はしよう!

    プレミアムショッパーはBUYMA(バイマ)側が信頼しても大丈夫。と認定した人です。
    でも、万が一の確率でトラブルが起こるかもしれないし、念のための他のバイヤーと同じように
    チェックすべき点はチェックしましょう。

    ちゃんと基本情報やお問合せ情報などの確認をしてください。
    もしかしたら明らかにごまかしていたり、100%本物です!と言っていてもレシートをつけてくれなかったり、
    他の付属品が欠けていたりすることもあるかもしれません。

    プレミアムショッパーだからら大丈夫、と完全に信頼してしまうのではなく
    全て自分の目で確認するようにしてください。

    まとめ

    今回は「BUYMAで偽物を購入しないための対策」をご説明致しました。

    いかがでしたか?
    参考になりましたでしょうか。

    BUYMA(バイマ)で偽物を販売しているバイヤーがいるかいうと、
    結論としては基本的には販売していません。

    偽物を売っているバイヤーがいる可能性はゼロではありませんが、もし万が一怪しいものを買ってしまっても
    その出品者は故意で売ったわけではなく、知らなかったというケースが殆どです。

    偽物だらけ!偽物を買わされた!というブログを見かけますが取引上でトラブルがあり、
    悪意で書いている可能性もあります。

    この記事で書いた通り、BUYMA(バイマ)は最後まできっちり対応してくれるようにいろんなルールが設定されていますので
    安易に信じず、自分の目で確認してくださいね!

    またBUYMA(バイマ)無料鑑定サービスやあんしんサービスなどが充実していますので、
    届いてから怪しい商品だと思ってもBUYMA(バイマ)がすべて対応してくれますので安心できます。

    色々気を付けたほうがいいことの一覧を記事にしましたが、あくまでも、もしものためです。
    BUYMA(バイマ)側もパトロールを強化してずっと監視していますし、そんな監視下でびくびくしながら
    偽物を売ったとしても、すぐ見つかってしまう可能性のほうが圧倒的に高いからです。

    そして偽物を売る本来の理由は大量に売りさばくことです。
    大量に売れなければ、ハイリスクノーリターンで偽物を販売する意味さえなくなるので
    そんなリスキーなことをする人はBUYMA(バイマ)にはいません。

    もし本当に偽物を大量に売りさばいて稼ぎたいと思う人がいるなら、その人はこのようなプラットフォーム
    ではなく、独自のネットショップなどで販売するでしょう。

    バイヤーはバイヤーで偽物を売るというリスクを理解していますので、もし商品を安く仕入れられた!
    と思ったら、偽物かもしれないと疑うはずです。

    何度も言いますが、BUYMA(バイマ)で偽物を意図的に販売することは100%できません。
    意図的に販売しようとしてもBUYMA(バイマ)側が販売させてくれません。

    もしそんな出品者がいたとしてもすぐにBUYMA(バイマ)のアカウントは停止され、徹底して悪質な出品者を出さない
    という体制をとっています。

    そもそも偽物を売るというのは犯罪行為なのに、それを野放しにしておくようなことがあってはいけないですし、
    そんなことをしていたらサイト運営ができなくなります。

    BUYMA(バイマ)側もそんなこと百も承知なので厳しくパトロールして日々監視し続けるというのは当たり前のことなのです。

    ただ、安心しきって万が一の確率で偽物を購入してしまってはせっかくのお買い物が台無しになるので、
    しっかり偽物はこういうものだというのを理解したうえで楽しくBUYMA(バイマ)でお買い物してほしいと思います。

    この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。
    楽しいお買い物でお気に入りのものが見つかることを願っています。

    それではまた^^

    バイマの5つのリサーチと、更に利益が取れるアパレル系トレンドサイトを使ったリサーチ方法を解説

    バイマのクーポンを最大限有効活用して売上を10倍上げるテクニック

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Comments & Trackbacks

    • Comments ( 2 )
    • Trackbacks ( 0 )
    1. 以前にもメールさせていただいた奥田です。
      半月前からルイヴィトンの商品を40ほど出品し、初受注のお客さんからクレームがありました。
      私が不慣れで買い付けも遅くなりお客さんも評価がゼロの状態での購入だったので不安だったようなんですが7日から14日の配送予定で案内してたのにそれ以上の日にちがかかってしまいました。
      パソコンが苦手なところからやりだして何もかもわからないところから始めて、これからやっていく自信がありません。
      質問にはなりませんが、難しいなと感じています。
      もしよろしければ返信いただけたらありがたいです。
      よろしくお願いします。

      • 奥田さん

        ご連絡ありがとうございます。

        具体的な内容ですので、もしよろしければトップページのお問合せからご連絡頂けますと、具体的なアドバイスが出来るかと思います^^

        宜しくお願い致します。

    Leave A Reply

    *
    *
    * (公開されません)

    Share / Subscribe
    Facebook Likes
    Tweets
    Hatena Bookmarks
    Pinterest
    Pocket
    Evernote
    Feedly