バイマ サラリーマンが副業で月収100万以上稼ぐブログ

Make Your Life

BUYMAで偽物を買わない為の注意点と見分け方のポイント

7630 views
約 34 分

Web Marketing BUYMA

Welcome the next generation into your business for growth and diversification. Learn how to set the stage for transitioning ownership & leadership while promoting intrapreneurship and innovation.

こんにちは、テルです^ ^
今日は通販サイト「BUYMA(バイマ)」を利用するお客様の声やよくある疑問にお答えしていきたいと思います。

BUYMA(バイマ)は日本にいながらにして世界中のブランドアイテムを現地価格でお得に購入できる
海外ファッション通販サイトです。

日本未入荷ブランドのアイテムや国内完売のレアアイテムなども簡単に手に入れられることから
ファッション好きの間で評判となり、会員数は2005年のサービス開始から右肩上がりで増え続けています。

そんなBUYMAですが、やはり海外輸入のブランド品ということで、初めて利用する方にとっては

  • 「高価なブランド品をネットで買って大丈夫?」
  • 「偽物を買わされたりするんじゃないの?」
  • 「本当にちゃんと届けてくれるの?」

・・・といった心配もあるようです。

確かに実物を自分の目で確かめないまま購入を決めなくてはならない通販には不安や疑問がつきものです。
それが海外ブランド品のような決して安くはない買い物なら尚更ではないでしょうか。

そんなわけで今回は、これからBUYMAで購入しようと考えている皆さんへ向けて、
安全に取引するためのポイントや注意事項、偽物品の見分け方などを
BUYMAのバイヤーである僕の目線でまとめてみました。

TERU
ざっくりとした内容ではなく、実際どうすべきなのか、どう判断すべきなのかということを
どこよりも細かく解説していますので、少し長いですが最後までご拝読いただければ幸いです!

目次

BUYMA(バイマ)について


それではまず最初に、これからBUYMAを利用していただくにあたって、
サービスの概要と仕組みを正しくご理解いただきたいと思います。

「BUYMA(バイマ)」は東証一部上場企業の株式会社エニグモが運営する、海外ファッション通販サイトです。

「世界を買える」をコンセプトに掲げ、日本国内にいながら世界中のあらゆるアパレル商品を
バイヤーを介して提供するという画期的なサービスを2005年から展開しています。

2019年現在の会員数は641万人、アクティブユーザー数は100万人以上。
世界120ヵ国以上の11,000ブランドを取り扱う国内最大規模のECサイトです。

最近は滝沢カレンさんが出演するTVCMが話題となりましたね。
あのCMを機にBUYMAを知った人も多いのではないでしょうか^ ^

BUYMAと他の通販サイトはどこが違う?

BUYMAでは世界各国にいる「パーソナルショッパー」と呼ばれる人たちが商品を販売しています。

要は企業やお店からではなく、個人同士でやり取りをして商品を購入するんですね。
その間にBUYMAが入ってくれることで、安心安全にショッピングができるというわけです。

イメージ的には「メルカリ」や「ヤフオク!」などで購入する流れに近い感じですが、
商品がすべて新品未使用であるという点で個人オークションサイトとは異なります。

BUYMAのパーソナルショッパーってどんな人?

現在、BUYMAのパーソナルショッパーは世界115ヶ国に6万人いるとされており、
日本では手に入りにくい海外ブランドのアイテムをお客様に代わって買い付けする
いわば「購入代行」のような仕事をしています。

BUYMAで買えるもの

  1. 世界的にとても人気だけど、日本には未上陸のブランドの商品
  2. 日本でもブランド展開されているが、国内のお店では販売していない海外限定商品
  3. 日本で爆発的に売れていて品薄で買えないが、海外では普通に買える商品

このように海外旅行に行く予定でもなければ買えないような日本ではレアなアイテムも、
パーソナルショッパーに依頼して購入してもらうことができるのです。

もちろん日本国内在住のパーソナルショッパーもいて、それぞれ現地に強固な買付けルートを持っています。

このパーソナルショッパーは基本的に誰でもなることができますが、
初めて商品を出品する際には適正な人物であるかどうかの審査を受けることになります。
この審査に通過しないと、パーソナルショッパーとして活動することはできません。

BUYMA(バイマ)で販売されている商品は本物なの?

BUYMAの安全性については、ここまでお話しただけでも十分にご理解いただけたかと思います。
問題のあるサイトなら、アクティブユーザー100万人超なんてあり得ないですからね。

しかしながら、インターネットで「BUYMA」と検索すると「偽物」や「悪質」などといった
ネガティブなキーワードが出てきたり、あまり良くない評判や口コミも散見されます。

実際に不快な思いをした人もいるようですし、不安に思う人がいるのも無理はありませんが、
BUYMAで偽物を買わされてしまうことなんて本当にあるのでしょうか。
現役パーソナルショッパーだからこそお話できる実情を詳しくお伝えしていきます。

BUYMAで偽物を販売する人は実際に存在するの?

先述のとおり、BUYMAで商品を販売しているのはパーソナルショッパーと呼ばれる人たちです。
つまり商品ごとに売り手が違うんですね。

では、そのパーソナルショッパーの中に偽ブランド品を売るような人はいるのかというと、
実のところ「そんな人は絶対いない!100%すべての商品が本物だ!」とは言い切れず、
「偽物を売っている人は基本的にはいない」というのが答えになります。

なぜなら、パーソナルショッパー自身も本物だと信じ込んで買い付けしたものの、
調べてみたら偽物だった・・・というケースもゼロではないからです。

パーソナルショッパーってすごく特別な仕事をしているように思えるかもしれませんが、
実際は「ブランド物に対する目利きもあるし、偽物をつかまされるようなところで買い付けなんてしない」
なんてプロフェッショナルな人ばかりが揃っているわけではありません。

特に最近はBUYMA自体が有名になったことで、ちょっとしたお小遣い稼ぎや趣味感覚で
パーソナルショッパーとしての活動を始める人もたくさんいます。

要は「メルカリ」や「ヤフオク!」などの個人売買サイトと同じように、
副業だろうと遊びだろうとやる気になれば誰でも出品者になれてしまうんですね。

BUYMAでは商品を出品するにあたって様々なルールがありますが、そんなの読んだこともないし、
これから先も読もうとは思わない・・・なんていう適当な人がいないとも限りません。

そういうパーソナルショッパーとは何たるかを学ぶことすらしていない人たちは、
仕入れ先で偽物を買わされたとしてもまず気付かないでしょう。
そして本人たちも偽物とは知らずに本物として売ってしまうわけです。

偽ブランド品を売るのは違法じゃないの?

皆さんもご存知のとおり、そもそも偽ブランド品の販売は違法です。

よく海外から大量に持ち帰った偽ブランド品を路上で売って逮捕されたとか、
最近では個人がネット上で販売して逮捕された、なんていうニュースを耳にしますが、
それと同じようにBUYMAで偽物を販売するのも犯罪行為にあたり、刑事罰の対象にもなりえます。

なので、本来ならば偽ブランド品を販売したって何の得にもならないのです。
いくら稼いでも罰金が課されては元も子もないですからね。

しかし、BUYMAのパーソナルショッパーは誰でもなれるとはいえ、
新規参入者が収入と呼べるほどの儲けを出すのは簡単ではありません。

僕も最初の頃に経験があるからこそ言えるのですが、
0から取引実績を積み上げてお客様から高評価を獲得し続けるのはなかなか大変で
労力も時間もかかりますし、そこを乗り切って結果を出そうという根気と努力も必要です。

そんな中で、先ほど挙げたような遊び半分でパーソナルショッパーになった人などが
少しでも楽して稼ごうとして「安い偽物をバンバン売り捌けばいいのでは?」と
悪い方向に向かってしまうケースも可能性として考えられなくはないのです。

ただ、あくまでも可能性としてあるというだけで、パーソナルショッパーのほとんどは
社会生活を営むうえで守るべきルールというのを理解した至極真っ当な人たちです。

また、BUYMA事務局も悪質な出品者が現れないように厳重に監視・取り締まりを行っており、
もし禁止行為が発覚した場合はアカウント停止という形で永久追放しているので、
現時点で偽ブランド品を販売している人は限りなく少ないと思います。

TERU
故意的に売っている人はほぼ100%いないでしょう!

BUYMA側では偽ブランド品が出回らないための対策はしている?

偽物が多く出回っているブランドに関しては、出品時に審査があります。
現時点では以下のブランドアイテムに出品制限が掛かっています。

出品時に審査が入るブランド

  • MONCLER(モンクレール)
  • CANADA GOOSE(カナダグース)
  • UGG Australia(アグ・オーストラリア)
  • Supreme(シュプリーム)
  • Daniel Wellington(ダニエルウェリントン)
  • Oliver Gal(オリバーガル)

※出品時の審査にクリアしても、抜き打ちで取引時にまた審査があることもあります。

また、パーソナルショッパーの仕入れ先に関してもルールがあり、
BUYMA事務局が「出品基準に満たない商品を販売している可能性が高い」と判断したところから
仕入れた商品の出品は禁止されており、発覚した場合は重いペナルティが課されることになります。

BUYMA(バイマ)で購入トラブルが起こった時の補償制度

BUYMAではすべてのお客様が安心安全に取引できるように万全の運営体制を整えています。

万が一購入した商品が手元に届いた時に「これは偽物では・・・?」と不安になってしまった時や、
そのほか未着や不具合などのトラブルがあった時に補償が受けられるサービスをご紹介します。

鑑定サービス

商品到着後、デザインや機能に不審な点があるなど正規品かどうか疑わしい場合には、
「BUYMA鑑定サービス」に鑑定依頼を申請してみてください。

鑑定サービスを申請できる条件

  • 取引のステイタスが出品者から発送済みで、決済確定前であること
  • 鑑定対象ブランドリストに掲載があるブランド商品であること(ノーブランドは不可)
  • 商品が未使用であること
  • BUYMAの利用規約に基づく審査において、利用規約で定める要件を満たすとBUYMAが判断していること

上記の条件を満たしている商品であれば、BUYMAが指定する場所へ商品を送る際の送料負担のみで
真贋の鑑定を受けることが可能です。

判定結果はメールで通知され、正規品だった場合は商品が返送されてきます。
一方、偽物だった場合はBUYMAから出品者に返送され、取引キャンセルとして商品代金は全額返金、
鑑定依頼時の送料はBUYMAで利用できるポイントで返還となります。

あんしんプラス

さらに、BUYMAには「あんしんプラス」というオプションで加入できる補償制度があり、
購入時に申し込みをしておけば上記の鑑定サービスに加えて以下の補償が受けることができます。

BUYMAあんしんプラス

本物保証制度 到着した商品の真贋を鑑定してもらえます(詳細は前項を参照)。
→鑑定対象ブランドリスト
→手続きの流れ
初期不良保証制度 到着した商品に不具合があった場合、BUYMAが出品者 に交換申請などの手続きを行います。
→品質ガイドライン
→手続きの流れ
紛失保証制度 紛失などの理由で配送中の商品が到着しない場合、商品代金を返金してもらえます。
→手続きの流れ
返品保証制度 BUYMAが定める条件を満たす商品に限り、サイズ違い・イメージ違いによる返品が可能です。
→手続きの流れ

※購入時に商品代金の1.44%(税込)、2万円以下は一律288円(税込)を加入料として支払います。

このように、事前に申し込んでおくことで万が一のトラブル時も泣き寝入りすることはなくなります。

要は「安心を買う」わけですが、数百円〜数千円ならば安いものではないでしょうか^ ^
今後BUYMAを利用するなら、ぜひ「あんしんプラス」を利用することをオススメします。

BUYMAを安全に利用できるその他の機能

このほかにもBUYMAには安心安全に取引できるための機能・サービスが充実しています。

BUYMAの機能・サービス

後払い式
決済システム
お客様に商品が届き、その内容を確認後、サイト上で到着通知することでお支払いが確定します。
一度商品を確認することができるため、「届いた商品が偽物ブランド品かもしれない」
「サイズや色がまったく違う」などの不安やトラブルの場合でも代金の持ち逃げをされることがありません。
プレミアム
バイヤー制度
BUYMAには安心してお取引いただけるようにBUYMA公認のプレミアムバイヤーがいます。
初めてBUYMAを利用される方、ネットでのお取引が不安な方はプレミアムバイヤーからのお買い物をおすすめします。
パトロールの強化 BUYMAでは問題のある商品の出品や、トラブルの多い会員に関しては、
善し悪しに限らずBUYMA利用停止措置を行っております。
システム保守 BUYMAでは、お客様の個人情報を守るため、システム保守に万全を期しています。
また、Pマークに基づいた適切な個人情報の管理を行っております。

(引用元 : BUYMA

このような万全の体制で運営されていることがわかれば、初めてBUYMAを利用する方でも安心できると思います^ ^

BUYMA(バイマ)で偽物を買わない!購入時に確認する13項目

さて、ここからはBUYMAで偽物を買ってしまわないために気をつけるべきポイントを一覧でご紹介していきます。

全部で13項目と多いのですが、いずれも重要な判断材料になります。
これさえ確認しておけば偽物に騙されるようなことはまずないと思っていただいて構いません。

じっくり読んでチェックしたうえで、BUYMAでのショッピングをお楽しみいただけたらと思います^ ^

パーソナルショッパーの取引履歴や評価を確認しよう

BUYMAでは取引完了後、お客様がパーソナルショッパーを評価する仕組みになっています。

評価項目

  1. 出品者に対する総合満足度
  2. 応対の丁寧さ
  3. 返信の早さ
  4. 梱包の丁寧さ
  5. 評価コメント

※5段階評価で星4つ以上をつけると「満足」の評価となります。
※1から4までの点数が低いと「不満」の評価となります。

つまり、自分が欲しい商品を販売しているパーソナルショッパーの評価を見れば、
その人がこれまでどんな取引をしてきたのかを知ることができるわけです。

チェックポイント

  • 取引件数
    取引500件(できれば1000件)以上の人は取引慣れしており対応がスムーズにいく場合が多いです。
    BUYMA歴が長くコンスタントに取引している人だとなお良いでしょう。
  • 総合評価
    取引件数に関係なく総合評価が4(できれば4.5)以上であれば目立ったトラブルもなく
    安心して取引できる相手と考えてOKです。
  • 新人バイヤーの場合
    まだBUYMAを始めたばかりで評価数が少ない出品者でも、総合評価が4.0以上ならまず安心です。
    念のため購入者からの評価のコメントも読んでおきましょう。
  • いちばん安心なのはこんな人!
    評価数が1000件以上あり、総合評価4.5以上の出品者は優良バイヤーと判断して間違いありません。
    BUYMA公認のバイヤー(プレミアムパーソナルショッパー)だとより安心できると思います。

もし不満評価があって、そのコメントの中に「偽物を売られた」とか「怪しい商品を売られた」といったような
気になる書き込みがあった場合は、購入を見合わせたほうが良いかもしれません。

ただ、商品自体が気に入らなかったり問い合わせの対応が良くなかったなどの理由で
誹謗中傷や悪意あるコメントを書き込む購入者も少なからずいますので、
他の購入者の評価も参考にしながら総合的に判断するようにしてください。

欲しい商品の国内定価を調べておこう

お目当ての商品がある場合は、日本国内の定価を先に調べておきましょう。

BUYMAでは基本的に国内定価よりも安い価格で販売されていることが多いです。
よほどの人気で品薄状態の商品でなければ、たいていの商品は安く買えます。

安く買える理由

  • そもそも海外ブランドは現地のほうが安い
  • 仕入れ先から特別な割引を受けて安く仕入れている
  • 卸価格で仕入れている
  • 出品者が最低限の利益だけを上乗せした価格で販売している

このように安く販売できる理由はいくつかあり、定価より安い=偽物というわけではありません。

ただし「定価の50%OFF」など、あまりにも安い場合は疑ってください。
偽物かもしれないし、何か“訳あり“で安く販売している場合もあります。

特に最安値で出品されている商品は定価よりどれくらい安いのか、
また他のバイヤーと比べてどれくらい安いのかをよく確認しましょう。

安く出品している理由は出品者によって様々で、
商品自体は本物だけど取り急ぎお金が必要だから安くして早く売ってしまおうという人もいますし、
中には偽物なのに本物だと思い込んでいて、安く仕入れたから安く出品した、なんて人もいるかもしれません。

TERU
安く仕入れできるということは、偽物である可能性も高いということです。
最安値の商品がすべて偽物とは言いませんが、真贋を見極める一つの基準にはなるでしょう。

欲しい商品の型番や仕様も知っておこう

日本国内の定価とあわせて、商品の型番や仕様についても下調べしておきましょう。

自分が調べた情報と出品者が掲載している情報とが同じかどうかを確認してみて、
違っている点や不安な点があれば問い合わせをしてみてください。
もし的確な回答が得られなければ、購入は再検討したほうが良いです。

商品のことをわからないまま販売している出品者はわかっている出品者に比べて信用度が下がりますし、
わからなくてもちゃんと調べて対応してくれる人から買うほうが偽物を買ってしまう可能性は低くなります。

商品画像はここを見るべし!

商品画像は出品者によって様々で、メイン画像のほかに色々な角度から撮影した写真を載せていたり、
ブランドタグだけの写真なんかもあったりします。

中にはあまり商品画像を掲載していない出品者もいますので、以下のポイントは必ず確認しましょう。

チェックポイント

  • 商品の内側の写真も掲載しているか
  • 色々な角度からの商品画像を掲載しているか
  • 付属品の写真を掲載しているか
  • アップの写真を掲載しているか

ただし、無在庫で販売(受注後に買い付け)している出品者は仕入先の画像をそのまま掲載している場合が多く、
写真だけでは偽物かどうかを判断することはできません。

詳細が分からない時は必ず出品者に問い合わせをしてください。
納得のいく回答を得られない場合は、その出品者から購入するのはやめておきましょう。

【超重要】出品者の人柄や対応力を問い合わせで確認しよう

出品者に直接会うことはありませんが、どんな人が販売しているかは超重要です。

購入する前に、商品の詳細や在庫状況などを問い合わせたりすることがあると思いますが、
これは出品者を知るための有効な手段となります。
メッセージの内容や返信のスピードなどから、信用できる人かどうかを見極めましょう。

中には返信がなかなか来なかったり、言葉遣いが荒っぽかったり、
「日本では手に入らないものを売ってやる」といった横柄な態度の出品者もいます。

そういう出品者から商品を購入すると取引を気持ち良く終わらせることができませんし、
途中でトラブルにも発展してしまいかねません。
そんなことになったら、欲しい物は手に入っても後味が悪いですよね。

TERU
迅速丁寧な対応をしてくれる出品者は取引完了までスムーズに事が進むケースが多いです。
お問い合わせ欄で他の購入者とのやりとりも確認してみて、
問い合わせに対して誠心誠意対応している出品者から購入するようにしましょう。

得意ショッパーランキングを活用しない手はない!

BUYMAにはブランド別の得意ショッパーランキングという機能があります。
実はあまり知られていないので、ご存知ではない方のほうが多いかもしれませんね。

このランキングでは、そのブランドの商品をたくさん売った経験がある人が売上額が多い順に掲載されます。

売上額が多いということは、そのブランドの商品を取引した件数も多いということです。
ランキングに載るくらいですから、本物か偽物かくらいは当然わかっている人ですし、
偽物を取り扱っているような怪しいお店から仕入れてしまうようなこともありません。

仮に今までそれだけの数の偽物を売っているとしたら、とうに摘発されていてもおかしくないでしょう。
しっかり売上があるのに偽物を売るメリットもないので、安心して購入できる人だと思って良いです。

プレミアムパーソナルショッパーでも100%信用しないこと

プレミアムパーソナルショッパーとは、BUYMAが「この人なら信頼できる」と正式に認定した優良出品者のことです。

プレミアムパーソナルショッパーはこんな人

  • パーソナルショッパーとしての経験が豊富で高い実績がある
  • 取引の内容が優良である
  • BUYMAの厳正な審査をクリアしている

初めてBUYMAを利用する人はプレミアムパーソナルショッパーから購入するのがもっとも安心ですが、
BUYMA公認の出品者だからといって必ずしもすべての取引を滞りなく済ませているとは限りません。

万に一つの確率でトラブルが発生するかもわかりませんので、100%信頼してしまうのではなく
基本情報やお問い合わせ内容など確認すべきところは必ず確認しましょう。

買い付け地は要確認!偽物が多く出回る国からの出品に注意しよう

パーソナルショッパーは出品時に「どこの国のどの店舗で買い付けしたか」という情報を各自で設定します。

買い付け地の例

  • イタリア・ミラノ ブランド直営店
  • フランス・パリ 正規取扱い店
  • アメリカ ノードストローム本店
  • フィレンツェ 正規アウトレット

この商品の出品元の国・地域に関する情報はとても重要で、
よくアジアの一部で「偽ブランド大国」などと呼ばれている国を皆さんも耳にしたことがあると思いますが、
そのような偽物が多数出回っている国・地域から出品されている商品を買う場合は注意が必要です。

特に偽造品が多いとされるブランドを挙げるなら、ルイヴィトンなんて世界的にも有名ですし、
グッチやシャネル、エルメスなんかもよく耳にします。

TERU
「激レア!」「入手困難」などと謳って販売していても、
正規品にはそんなデザインのアイテムなど存在しない・・・というケースもあるので、
気になることは購入する前に出品者に質問するようにしましょう。

買い付け先情報もあわせて確認しよう

商品を買い付けする国や地域とあわせて「どのような店舗から買い付けする予定なのか」についても
ある程度確認しておいたほうが良いです。

買い付け先店舗の見方

  • 直営店
    ブランドが直接運営している店舗のことを指します。
  • 正規店・正規取扱店
    基本的にはブランド側から正式に許可を得て販売しているセレクトショップのことを指します。
    (例:BARNEYS NEW YORK、UNITED ARROWS など)
  • アウトレット店
    前シーズンの売れ残りなど、直営店や正規取扱店では販売できない商品を販売する店舗を指します。
    BUYMAで販売されているアウトレット品は、ブランド直営のアウトレットから買い付けしたものです。

確認したいのは「直営店で購入するのか、セレクトショップで購入するのか」
「予定している買い付け先で在庫切れしていた場合はどこで買い付けするのか」など。

基本的には直営店でもセレクトショップでもどこで買い付けていても問題はないのですが、
「フランスの直営店で買い付けする」と記載した商品が在庫切れだった場合に
購入者の許可無しに違う国の店舗から買い付けをする、というのはBUYMAのルール上いけません。

購入する側からすれば買い付け先なんていくらでもこまかせるのではないかと思いがちですが、
最近はBUYMAの出品者に対する取り締まりが厳しく、嘘をついていることが発覚した場合には
重いペナルティを課されてしまうため、そう簡単に嘘をつけるような状況ではないのです。

そういった意味では、買い付け先情報の確認はかなり効果的な手段であると言えるでしょう。

TERU
直営店限定の付属品まで欲しい場合や、日本の店舗でメンテナンスを受けたい場合は
直営店買い付けの商品に絞って購入すると良いです。

並行輸入品=偽物というわけではない

並行輸入品とは、ブランドが認める正規輸入代理店以外を通じて国内に輸入された商品のことです。

BUYMAで販売されている商品はブランドとは直接関係のないパーソナルショッパーが
間に入っている場合が多いので並行輸入品が多くありますが、
正規ルートを辿って販売されているのか、他のルートを辿って販売されているのかの違いで
製造元は同じですので、ルートが違うだけであれば商品は本物です。

ただ、使用中に壊れたりした場合に、並行輸入品の修理は受け付けていないブランドもあります。
メンテナンスに関して気になる方は、先ほどお伝えしたとおり買い付け先情報を確認して
直営店買い付けの商品を選んで購入するようにしてください。

日本未発売商品の購入は慎重に検討しよう!

各ブランドから「日本限定商品」が販売されていますが、それとは反対に
日本では販売されない海外限定商品(日本未発売商品)もあります。

日本国内に売っていないものだと、実物を自分の目でしっかり見る機会がないので、
ブランド通でも本物か偽物かの区別がつきにくい場合が多いです。

日本人にはわからないから・・・と悪知恵を働かせて偽物を販売するような人がいないとも限らないので、
日本未発売商品は慎重に検討して購入するようにしてください。

日本版のブランド公式サイトに掲載がない商品であれば、海外版を確認してみましょう。
日本のカスタマーセンターや店舗に問い合わせたら調べてもらえる場合もあります。

TERU
もし購入してから「怪しい!」と思ったら、すぐにBUYMA無料鑑定サービスに申し込んでください!

前のシーズンの商品にも気を付けて!

日本未発売商品と同様に、前のシーズンに発売された商品にも注意が必要です。

有名アパレルブランドはシーズンごとに新たなテーマを打ち出すので、
前のシーズンに発売された商品が店頭に残っているということはほぼありません。

たとえばルイヴィトンのバンドリエールのような昔からある定番モデルだったり、
これから定番化する予定のあるものなら特に気にする必要はないですが、
それ以外は基本的に前シーズンの商品は疑いの目を持って見るようにしてください。

TERU
出品者が正規ルートで仕入れたものを在庫として手元に持っているという場合もあります。
購入したいと思ったら、事前に出品者に確認してみましょう。

仕入れ時のレシート(購入証明)を同梱してもらおう

直営店や正規店・正規取扱店で買い付けした場合は必ずレシート(購入証明)をもらっているはずなので、
それを商品に同梱してもらうように交渉するのもひとつの手です。

あくまでも確認材料のひとつですが、正規のルートで買い付けしていない偽物であれば
レシート(購入証明)は同梱できないので、断られた時点で怪しいと疑うことができます。

しかし、商品自体は本物だけど仕入れ値より高額で出品したため購入価格を知られたくないとか、
仕入先がばれてしまうと自分の仕事に支障をきたすかもしれないなどの理由で
レシート(購入証明)を渡したくないという出品者も中にはいます。

TERU
原本は無理でもコピーで対応してもらえないかを交渉してみて、
それでも断られてしまった場合は記載内容をきっちり確認してください。

出品者の情報があまり得られない場合の対処方法

どうしても欲しいアイテムがあって、ひとつだけ出品されているのを見つけたとしても、
取引履歴も評価も少ない出品者から購入するのは不安ですよね。

そんな時は出品者に質問を投げかけてみましょう。
仕入れ先の安全性、関税の支払い、発送までの日数などを聞いてみてください。

たとえば関税はBUYMAの規定で誰が負担するか決まっていて、海外で買い付けした商品であれば
出品者が一旦受け取ってから購入者へ発送するなら出品者が、購入者へ直送するなら購入者が関税を負担します。

問い合わせで確認したいのは、そういった大事なことをすべて理解しているのか、というところです。
何も知らないで販売しているような出品者から購入してしまうと、厄介なトラブルに巻き込まれかねません。

特に仕入先の安全性は最重要項目として確認してください。

もし確認していなくても購入者から釘を刺されたことで調べる気になるでしょうし、
ここで適当に回答してしまえば万が一偽物だった場合に大問題となることは誰でもわかるはずです。

TERU
最後まで気持ち良く取引できるように、不安材料はすべて先に取り除いておきましょう。
細かいことを質問すると、出品者から「面倒なお客さんだな・・・」と思われるかもしれませんが、
ものすごく慎重な購入者だと認識されて丁寧に対応してもらえると思います^ ^

【番外編】輸入商品を買うなら知っておきたい日本との違い

先ほど触れたように、BUYMAで購入した商品が怪しい、偽物だというコメントをする人は
商品の真贋は定かでないものの「偽物だと疑いたくなる何らかの理由」があったのかもしれません。

具体的な理由としては、おそらく「きれいに梱包されていない」「商品にブランドタグがついていない」
「ブランドの箱・袋が付属していない」といったところではないかと思います。

そこで、これからBUYMAを利用される皆さんにも知っておいてもらいたいのが、
日本と海外諸国ではサービスレベルがまったく違うとういうことです。

僕ら日本人はブランド商品はタグがちゃんとついていて、ブランドロゴが入った箱や袋などの付属品まで
すべて揃っていてこそ正規品、といった感覚を持っている人が多いですが、
海外ではタグも箱もいわば″オマケ″みたいなもので、大多数の人があってもなくても気にしていません。

梱包に関しても、海外の場合は多少箱が凹んでいようと化粧紙がヨレていようと、
「商品がきれいならOK!全然平気よ!」という人がほとんどです。

そういうお客様が多いため、当然お店側もあまり細かいことにはこだわっておらず、
同じブランドでも日本のお店ほど丁寧に商品を扱っていなかったりします。

なので、世界的にみても最高品質と言われる日本のサービスを受け慣れている僕らからすると
海外のサービスって何だか雑に感じてしまうこともあるんですね。
届いた商品を見て「高級ブランド店が適当な対応をするわけない!これは偽物に違いない!」と
怒ってしまう人が一定数出てくるのはそのせいなのです。

TERU
もちろん、海外輸入の商品がすべて雑というわけでは決してありません。
ただ日本とは基準が違うだけで、こういったケースもあり得るのだということを覚えておくと
出品者とトラブルになることもなく最後まで気持ち良く取引していただけると思います。

まとめ

いかがでしたか?
今回は「BUYMAで偽物を購入しないための対策」について詳しく解説してまいりました。

結論として、BUYMAで偽物を販売しているバイヤーは基本的にいません
いたとしても決して故意で売ったわけではなく、偽物とは知らずに売ってしまったというケースがほとんどです。

「BUYMAは偽物だらけ!」「偽物を買わされた!」など書いているブログや口コミを見かけたりもしますが、
これも事実とは限らず取引上で何らかのトラブルがあって不快な思いをした人が悪意で書いた可能性もあります。

今回こうして気をつけるべきポイントを記事にまとめたのは、あくまでも″もしも″のためです。

BUYMAで偽物を意図的に販売することは100%不可能ですし、したくてもBUYMA側が許すわけがありません。
そもそも偽物の販売は犯罪行為ですから、それを野放しにしておくサイトなら既に問題になっているはずです。

出品者は出品者で、偽物を売ることのリスクがどれだけ大きいかを十分に理解しています。
BUYMAの厳しい監視下にある中で、いくら悪知恵を働かせようといずれは見つかってしまいますし、
最悪アカウント停止という出品者にとって致命的な処分が下されてしまうのです。

さらに言えば、偽物を販売する本来の目的は大量に売り捌くことにあります。
もしそれを本気で考えている人なら、その手段としてBUYMAのようなプラットフォームは選びません。
独自のネットショップなどを立ち上げて、そこで販売しようとするでしょう。

このように、BUYMAで偽物を売るような人はいないと言える根拠はたくさんあるんです。

とはいえ、安心しきっているところに万に一つの確率で偽物を掴まされてはせっかくの買い物が台無しなので、
「こういうこともあるかもしれない」と理解したうえでBUYMAを利用していただけたらと思います。

TERU
この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。
現役パーソナルショッパーとして、すべてのお客様がBUYMAでの買物体験を楽しめることを願っています。

それでは今日はこのへんで!テルでした^ ^

バイマの5つのリサーチと、更に利益が取れるアパレル系トレンドサイトを使ったリサーチ方法を解説
バイマのクーポンを最大限有効活用して売上を10倍上げるテクニック

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 以前にもメールさせていただいた奥田です。
    半月前からルイヴィトンの商品を40ほど出品し、初受注のお客さんからクレームがありました。
    私が不慣れで買い付けも遅くなりお客さんも評価がゼロの状態での購入だったので不安だったようなんですが7日から14日の配送予定で案内してたのにそれ以上の日にちがかかってしまいました。
    パソコンが苦手なところからやりだして何もかもわからないところから始めて、これからやっていく自信がありません。
    質問にはなりませんが、難しいなと感じています。
    もしよろしければ返信いただけたらありがたいです。
    よろしくお願いします。

    • 奥田さん

      ご連絡ありがとうございます。

      具体的な内容ですので、もしよろしければトップページのお問合せからご連絡頂けますと、具体的なアドバイスが出来るかと思います^^

      宜しくお願い致します。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE