TERU BLOG

Make Your Life

バイマで外注化するときの5つのポイントとおすすめのサイト3選

1449 views
約 1 分

Web Marketing BUYMA

Welcome the next generation into your business for growth and diversification. Learn how to set the stage for transitioning ownership & leadership while promoting intrapreneurship and innovation.

こんにちわテルです。

今回は外注化についてポイントを絞ってお伝えしていきます。

外注化については以前お伝えしたとおりとても大切ですので、
まずは以下の記事を読んで外注化の基本を学んでくださいね。

外注化の基本

今回は上記のとこを踏まえた上で外注化の注意点と、外注さんを募集するときのおすすめのサイトをお伝えします。

外注化するときのパートナーの募集方法やどういった点を注意すれば良いのかお伝えしていきますので
ぜひ学んで実践して頂ければと思います。

BUYMA(バイマ)で行う作業の外注化について

BUYMAで売上げを増加していくため外注化は必須です。

なぜ外注化に注力しなければならないのか、漠然とした理由はみんな何となく理解しているのではないでしょうか。

しかし、おかれている状況などによっても進行度はさまざまだと思います。

外注化は何のためにやるのか、認識を合わせておく必要があります。

「自分にしかできないこと」は、状況を把握し、どうすべきかを考え実行することです。
決められたことをテキパキとこなす従業員思考から、自ら考えビジネスの舵をとる経営者へとなることが必須です。

そうすることで売上増・利益増という業績アップにつながっていきます。

一般にBUYMAでの外注化と聞くと「出品作業」というイメージがあるかと思いますが、
出品作業以外にも特にBUYMA運営の要となる以下のような作業は外注化は進めていくことをおすすめします。

BUYMAの外注化

  • リサーチ
  • お問合せ対応
  • 商品のメンテナンス
  • 発送・梱包作業
  • 商品の買付け
  • 外注さん育成の必要性について

    ビジネスは人の手によって成長するものです。
    ビジネスを成功させ継続させるためには、利益を上げなければなりません。

    そして利益を上げるためには生産性を高める必要がありますが、それは人の手によって生まれます。

    ビジネスでは「ヒト」「モノ」「カネ」といわれるように、「人材」は3大資源のひとつです。
    もちろんクラウドソーシングで雇った人も「人材」です。

    人を育成するということは、ビジネスに貢献できる人材として育成することです。
    BUYMAの将来的な目標を見据え、仕組み化による好循環を目指すことが成功するカギです。

    BUYMAでも以前に比べバイヤーのレベルも上がりBUYMA全体の出品数もここ数年で大幅に増加しています。
    このような経営環境の変化によって、「人材」という資源の強化、すなわち人材育成の重要性が高まっています。

    「人材ではなく人財」などと言われるように、今後BUYMAで成功していくためには、人材育成が不可欠です。

    外注さん育成の目的は、効果的かつ効率的に競争力をアップし、利益を最大化させることです。
    競争力に直接つながる生産性の向上と組織パフォーマンスの向上を目指して外注化をしましょう。

    外注さんを「ヒューマンリソース」として考える

    ヒューマンリソースとはは単なる労働力ではなく、会社の資源であるという考えに基づいた言葉です。

    BUYMAでも多くの商品やブランドが数多く出回っており、バイヤーはより工夫を凝らした戦略やアイデアを持って、
    ほかのバイヤーと競合しなければなりません。

    しかし、商品やサービスは多くのお客様や競合の目に触れますが、外注スタッフの能力や知識は外からは見えません。
    そのため、競争に勝つために必要な人的資源をヒューマンリソースと定義することが重要です。

    人材を最大に活用できる体制を整える

    ビジネスを継続させ生き残るためには、優れた人材を確保するだけでなく、その人材を最大に活用できる体制を
    整えなければなりません。

    クラウドソーシングで雇った人材を教育して人的資源の底上げをすることが重要です。

    また、ダイバーシティ(多様性)も重要なキーワードの一つです。
    競合と戦い続けるには過去の成功体験にとらわれず、新しい発想のできる人材を活用することが必要です。
    ダイバーシティが重要な経営戦略となった理由が、ここにあります。

    今後ビジネスを大きくするためには働きやすく、能力を発揮しやすい環境づくりは大きなテーマとなります。
    ビジネスを取り巻く環境が大きく変化している今だからこそ人材の持つポテンシャルには大きな期待が寄せられています。

    人材育成は施す外注さんだけではなく、そのまわりの外注スタッフにとっても重要です。
    人材育成を行うことで他の外注スタッフにとっても人の繋がりや協調性を生み出すからです。

    このようにヒトが育つ環境はビジネス活動の上でも良い環境でもあり、長期的な人材育成を行うことで
    いずれは外注スタッフが「教えられていた立場」から「指導する立場」へと変わってゆきます。

    この良好なヒトのサイクルがビジネス活動において重要な信頼や絆が深まってゆくのです。

    外注化するときの注意点

    外注化とは人を雇うことを意味します。

    人を雇い作業をしてもらったその対価としてお金を払うのですが、ここで注意が必要なのは
    報酬はお金だけではないということです。

    外注さんにはお金だけを払えば良いという考えはとても危険です。

    外注化を進めていくうえでよく聞く悩みが以下のお悩みです。

    外注化の悩み

    ・募集を掛けても応募が来ない
    ・外注さんがすぐ辞めてしまう
    ・作業をなかなか覚えてくれない

    やはり長く続けてもらいスキルを上げてもらわないと満足の行く結果は出ませんので、
    いかにモチベーションを高く取り組んでもらうかが重要な点です。

    上記のような悩みを解決するには、しっかりと働いてくれる環境作りをしないといけません。

    まずは採用した人を長く続けてもらうために以下のポイントを注意して考えてみましょう。

    ポイント

    ・コミュニケーションをしっかりとる
    ・感謝の気持ちを忘れず「ありがとう」の言葉を伝える
    ・モチベーションが低下しないようにしっかり管理する
    ・長く働いてくれている人にはお金以外の報酬も考える(誕生日プレゼントなど)

    おすすめの募集サイト

    採用の目的、予算などにより、採用したい人材を適切に訴求・アプローチできるサイトを選択することが、
    上手に「人を雇う」ことの第一歩と言っても過言ではありません。

    僕が今でも使っているおすすめのサイトをご紹介しますのでぜひ使ってくださいね^^

    おすすめサイト

    ■Crowdworks

    ■Lancers

    ■シュフティ

    面接時のポイント

    外注さんを雇う前には必ず面接を行うようにしましょう。
    応募してくる人にも色々な人がいますので、面接の際には以下の点に注意して面接を行ってください。

    面接のポイント

    ・自分と性格が合うか
    ・どれぐらい仕事を続ける予定なのか(最低1年以上が良い)
    ・1日に作業に当てれる時間はどれぐらいか(最低2時間以上が良い)
    ・現在の生活環境は?
    ・過去にBUYMAでお仕事をしたことがあるか

    こんな人は募集の段階でお断りしましょう

    どんなに相性が良くても以下に当てはまる場合は注意が必要です。

    基本的にはお断りしたほうが良いですが、どうしても雇いたい場合しっかり考えて
    雇うようにしてください

    雇わない方が良い人

    ・過去にBUYMAでアカウント停止の人をお手伝いしていた人
    ・報告/連絡/相談が出来ない人
    ・男性の方
    ・外国の方
    ・高校生以下の未成年

    ※過去にBUYMAでアカウント停止の人をお手伝いしていた人を採用するとIPアドレスから紐付けられ
     自分もアカウント停止になる恐れがあるのでお断りしたほうが良いでしょう。

    マニュアルをつくろう!!

    外注化する際、マニュアルは必ずなくてはならないものではありません。ただ、

    今後の方向性

    ・自動化の仕組みを構築する
    ・組織化の方法を考えている

    このような外注化を考えているならマニュアルを作ったほうが効率が圧倒的に良くなります。
    また誰が見ても進める事ができるマニュアルを作る事で、作業の質を均一に保つことができます。

    マニュアル作成はPDF/動画の2パターンで作ると良いです。
    詳しい作り方は以下の記事でお伝えてしていますので読んでいない人はこちらのブログ記事も読んでくださいね。

    外注化マニュアルと契約書

    外注化にかかる費用

    外注費に関しても相場があるので、以下に記載しますので参考にしてください。

    ここをタップして表示Close
    出品スタッフ 検品/発送スタッフ リサーチスタッフ メンテナンススタッフ
    研修期間 40円 100円 30円 30円
    正規採用 50円 150円 40円 40円
    報酬UP時 60円 200円 50円 50円

    ※この報奨金額はあくまでも最低ラインの目安なので、作業内容で変わってきます。
    もちろんこれ以上の報酬もあります。

    もし報酬に迷った場合は、時給計算して考えてください。
    出品作業 = 50円
    出品時間 = 5分
    の場合だと、時給600円になります。

    外注化のタイミング

    外注化のタイミングについてお問合せを頂くことが多いのですが、
    BUYMAの基礎が身についたら外注化をしてくださいとお伝えしています。つまり

    「BUYMAの一連の流れを自分が一通りこなして理解した後」

    一通り業務の流れと細部を自分自身が把握してから外注スタッフさんにお願いしていく
    のが大切です。

    まずは出品や梱包・発送、から外注化していきましょう。
    逆に言えば、一通り業務(作業)の内容を把握できたのであれば、このような作業は
    さっさと外注化した方が良いです。

    限られた自分の時間を如何に「売上と利益をあげること」「ビジネスに大きな影響を与える重要なこと」
    に集中させられるかどうかが稼げるようになるかどうかの分岐点です。

    まとめ

    今回はバイマで外注化するときの5つのポイントとおすすめのサイトをお伝えしました。
    以前もお伝えしましたが、外注化はBUYMAで成功するためには必須です。

    最近ではAIによって人の仕事が奪われるというニュースが注目を集めています。

    単純な作業やルーティンワークは機械やコンピュータによって代替可能な時代になった部分もあります。

    しかし、だからこそ人でなければできない仕事”の重要性は高り単純な作業から解放されて本来の考えて行動することに集中できる時代になったといえます。

    そのため人材育成はますます重要になっています。

    少しずつで良いのでステップアップしていきましょう。

    僕のメルマガでは更にBUYMAで稼ぐための特別なノウハウをお伝えしていますので
    まだメルマガを登録していない人は是非登録してくださいね^^

    それではこのへんで。

    もっと稼げる情報を受けとる

    バイマの5つのリサーチと、更に利益が取れるアパレル系トレンドサイトを使ったリサーチ方法を解説

    せどり初心者が稼ぐために重要なポイントを詳しく解説

    バイマで10倍売れる商品の画像加工の方法

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Leave A Reply

    *
    *
    * (公開されません)

    Share / Subscribe
    Facebook Likes
    Tweets
    Hatena Bookmarks
    Pinterest
    Pocket
    Evernote
    Feedly