バイマ サラリーマンが副業で月収100万以上稼ぐブログ

Make Your Life

BUYMAでコロナの影響は?現状を乗り切る方法

73 views
約 16 分

Web Marketing BUYMA

Welcome the next generation into your business for growth and diversification. Learn how to set the stage for transitioning ownership & leadership while promoting intrapreneurship and innovation.

こんにちは、テルです!

昨年末に中国ではじめて確認された新型コロナウイルスですが、今や留まることを知らず
世界中で猛威を振るっており、日本国内の感染者数も日々増加の一途をたどっています。

そんな中、飲食業や観光業など業績に大きな打撃を受けている業界も少なくなく、
世間では景気悪化を懸念する声も出はじめています。

僕達BUYMAバイヤーとしても、今後の販売活動への影響を気にせずにはいられないですよね。
中にはすでに何かしら変化を実感されている方がいらっしゃるかもしれません。

そこで今回の記事では、新型コロナウイルス感染拡大によるBUYMAへの具体的な影響と、
現状を乗り越えるために僕達バイヤーが各自で取り組めることをまとめました。

TERU
先行きが見えない日々が続きますが、どんな時でも打開策というのは必ずあるものです。
皆さんもご自身でできることを、僕と一緒に考えていきましょう!

新型コロナウイルスはBUYMAにどんな影響を与えている?


冒頭でも触れたように、今は様々な業界が新型コロナウイルス感染拡大の煽りを受けており、
アパレル・ファッション業界も例外ではありません。

「Laura Ashley」や「Cath Kidston」といった人気ブランドの経営破綻が相次いだことからも、
事態の深刻さが窺えます。

さらに先日は「WWD JAPAN」にこんな記事も掲載されていました。

米大手コンサルティング会社、ベイン・アンド・カンパニー(BAIN & CO.)の報告書によると、新型コロナウィルス感染拡大の影響によりラグジュアリー市場の今年の売り上げは前年比35%減まで落ち込む可能性があるという。

現在は特に問題なくBUYMAでの販売活動を続けられている、という方も多いと思いますが、
こういった話を聞くとやはり不安になりますよね。

では実際のところはどうなのか、まずは新型コロナウイルスがBUYMAに与えている影響や
バイヤーの状況を具体的に把握しておきましょう。

活動上もっとも支障が出るのは商品の買い付け

新型コロナ禍において、僕達バイヤーの販売活動にもっとも支障が出るのは商品の買い付けです。

先日、日本でもついに緊急事態宣言が発令されましたが、世界中の先進国の多くはそれよりも先に
ロックダウン(都市封鎖)に踏み切っており、現在もなお厳しい制限措置が敷かれています。

住民には罰則付きの外出禁止令が出され、食料品や生活必需品を販売する店舗以外はほとんどが営業停止。
現地在住の方は、この状況の中でどうやって買い付けをすればいいものかと悩んでいることでしょう。
現地にパートナーを雇って買い付けを依頼しているという方もそうですね。

ここ数日のニュースを見ていると、イギリスやドイツなど規制緩和の意向を示す国も出てきていますが、
現状では早急に元の生活に戻ることは考えにくいのではないでしょうか。

オンライン買い付けは配送遅延による取引キャンセルも

ロックダウン下で実店舗は休業していてもオンラインショップは稼働している、というケースも多いため、
日本在住でオンライン買い付けを主軸に活動しているバイヤーの中には、
今のところあまり支障を感じていない方も多いかもしれません。

しかし実際は、世界各地で貨物の輸送遅延が発生しているために買い付けした商品がなかなか届かず、
BUYMAが定める発送期限を大幅に過ぎてしまった・・・なんてことも起こっています。
特に主な買い付け先がヨーロッパにあるバイヤーは影響が大きいみたいですね。

現在はBUYMA事務局からもお客様に発送期限延長申請への承認をお願いしてくれていますが、
それでも商品を楽しみにしているお客様をお待たせしてしまうのは心苦しいものですし、
延長可能期間を過ぎてしまった場合は取引自体がキャンセルになってしまいます。
人によってはこのへんが精神的なストレスになったりもするでしょう。

さらに輸送遅延の影響が長引く場合は、資金繰りがうまくいかなくなる可能性もありそうです。
ハイブランドを取り扱っている方は、早めに資金確保に動いておいたほうが安全かもしれません。

お客様の購買心理や行動も変化する

日本でも商業施設や店舗に対する休業の要請協力が広まる中、消費者(お客様)の購買心理や
行動にも変化が出てきているようです。

チラシ・買い物情報サービス「トクバイ」を展開する株式会社ロコガイドが実施したアンケートでは、
全体のおよそ半数の人が新型コロナウイルスの影響で「衣類やファッションに対する節約意識が
高まった」
と回答しています。

その理由としてもっとも多く挙がったのは「先行きが不安だから」。

アパレル・ファッション業界では3〜4月といえばちょうど春物の需要がピークに達する時期ですが、
企業の経営破綻や事業縮小、人員削減などが相次ぐこの状況下では、誰しも「自分の仕事や収入も
いつどうなるかわからない」という不安から、今あるお金を少しでも残したいと考えるものです。

それに、現在は外出自粛要請や各種イベントの開催中止などによってお洒落をして出掛ける機会も
失われていますから、そもそも新しい洋服やバッグを購入したいという気分にはならないのかも
しれないですね。

ブランド品のような高価なものはなおさらで、先ほどご紹介したようにラグジュアリー市場では
前年比マイナス35%まで売上が落ち込むとの見通しも出ています。

BUYMAの場合は無在庫販売が可能なおかげで売れ残りが出る心配はありませんが、
3月頃からは受注数や売上がやや減少気味だという話をよく耳にするようになりました。

この先も状況次第では、買い控えの傾向がますます強まる可能性もあるでしょう。

コロナ禍でもBUYMAで稼ぐために ー バイヤーが今できる対策まとめ


では、このような厳しい状況の中でもBUYMAで稼いでいくにはどうしたらいいのでしょうか。

冒頭でもお伝えしましたが、僕はどんなに時代や環境が変化しても、
それを乗り越えていく方法は必ずあると思っています。

人類は長い歴史の中で、戦災や天災、そして今回の新型コロナウイルスのような疫病の流行など
いくつもの苦難に見舞われ、そのたびに絶望感を味わってきました。

しかし、そういった最悪の状況こそが革新的なアイディアを生み出し、
経済や文化を大きく発展させるきっかけにもなっているんです。

現在のコロナ不況もきっと、世界史の教科書に載るレベルの歴史的変化をもたらすでしょう。
収束後の新時代では、僕達も今までとはまったく違う稼ぎ方が求められるかもしれません。

そこで重要になってくるのが、自分自身で課題を見つけ、自ら考え、主体的に行動する力です。
そういう力がある人は、これから先どんな社会になっても稼いでいくことができます。

・・・と、少し話が脱線してしまいましたが、思考力ってそれくらい大事なんですね。
今ならば前項でお伝えしたBUYMAの現状を踏まえて、次のような対策が考えつくかと思います。

BUYMAで稼ぐために今できること

  • オンライン買い付けに切り替える
  • 国内買い付けを取り入れる
  • コロナの影響を受けにくいものを取り扱う
  • 資金に余裕があるなら有在庫販売も検討する
  • 自分自身のヘルス&メンタルケアも忘れない

BUYMAを始めたばかりの初心者さんなど、いまいちピンとこないという方もいるかもしれませんので、
もう少し詳しくご説明しておきましょう。

海外買い付け→オンライン買い付けに切り替える

前項でお伝えしたように、ロックダウンによって制限措置が敷かれている国のブランド店の中には、
実店舗は休業しているけれどオンラインショップは通常どおり稼働しているところも多いです。

これまで海外買い付けに力を入れていた方は、早い段階でオンライン買い付けに切り替えておくと
今後もし規制がより厳しくなったり長引いたりした場合も買い付けに苦労しなくなります。

買い付けパートナーさんが住んでいる国や地域が郵便局などへの外出を許可しているのであれば、
日本への直送に対応していないショップからの買い付けも可能ですね。

ただし輸送遅延が発生しているエリアからの買い付けには気をつけてください。
物流に関するニュースをこまめにチェックしておくと状況を把握しやすいです。

また、現在は多くのショップが売上減少に直面していると思いますので、VIP交渉も通りやすいでしょう。

実店舗が休業していて時間的に余裕があるぶん、こちらの話もしっかり聞いてくれるはずですので、
英語があまり得意でない方もこれを機にぜひ交渉にチャレンジしてみてください。

以下の記事にVIP交渉のコツをまとめています。

国内買い付けを取り入れる

日本でも緊急事態宣言が出されてからは休業する商業施設や店舗が増えてきましたので、
国内買い付けは無理なのではないかと思っている方もいるでしょう。

確かにこの状況下で店頭に足を運ぶことは難しいですが、ブランドによっては
店舗や担当者に電話して希望の商品を代引きで送ってもらうことができます。
これはバイヤーでも知らない人が意外と多いです。

今はお客様も商品の買い付け地や発送地に敏感になっている時ですので、日本国内で買い付けたものを
お届けできるというのはかなり大きいアドバンテージになるでしょう。

こういう時だからこそ“お客様目線で物事を考える“ということも大切にしていきたいですね!

なお、国内買い付けの実践方法については以下の記事で詳しく解説していますので、
よろしければ参考にしてみてください。

コロナの影響を受けにくいものを取り扱う

一般的にブランド品のような高価なものというのは、「旅行に行く」「パーティーやイベントに出席する」
といった特別な日に向けて購入されることが多いものです。

しかし、今は旅行やパーティーどころか近所のコンビニへ買い物に行くことすら
ためらってしまうような状況ですから、この先ブランド品が売れなくなったとしても
何らおかしなことではありません。

では現在は何に需要があるのかというと、在宅時間を少しでも快適に過ごすための洋服や雑貨類です。

BUYMAでは「インナー・ルームウェア」や「ライフスタイル」のカテゴリにある商品が該当しますね。
STYLE HAUSでもここ最近は関連記事が頻繁にアップされているのでチェックしておきましょう。

また、自分用のものは買い控えても、恋人や友人など大切な人へのプレゼントは
欠かしたくないと考えている人も多いはず。

全国民に外出自粛が求められている今はBUYMAのようなECサイトにプレゼント需要が集中しますので、
それに合わせた商品ラインナップを作っておく、ラッピングに対応できるようにしておく、
というのも一つの手ではないでしょうか。

「ラッピングはどうも苦手・・・」という方は、よろしければ以下の記事をご覧ください。
初めてでも見栄えするラッピングが簡単にできるおすすめアイテムをご紹介しています。

資金に余裕があるなら有在庫販売も取り入れる

先述のとおり、今は世界各地で貨物の配送遅延が発生しており、通常の目安どおりに
商品を発送するのが難しい状態です。

とはいえ、お客様としては先に支払いを済ませて待っているわけですから、
確実に商品を受け取るまでは結構不安だったりします。
お急ぎの場合やプレゼント品なら尚更ですね。

そんなお客様の心配を解消できるのが在庫販売です。

在庫販売とは文字どおり在庫を持って販売することで、事前にリサーチを行ったうえで
需要が見込めるものを先に買い付けて出品します。

航空会社の運休や減便によって日本の配送サービスでも遅れが生じているといいますが、
現時点の情報だと「ゆうパック」で2〜4日程度の遅延(北海道・九州など一部地域)
ということですので、それほど長くお待たせすることにはならないでしょう。

商品ページに「国内即発」「在庫あり」などのキーワードを盛り込んで
お客様にアピールすれば、より受注に繋がりやすくなります。

もし資金的に余裕があるのであれば、在庫販売も検討してみてください。

自分自身のヘルス&メンタルケアも忘れない

ここまで具体的な販売戦略をお伝えしてきましたが、コロナ禍を乗り切るためには皆さん一人一人が
心身の健康を保つことがもっとも重要です。

ここ最近はテレビをつければ朝から晩までコロナ関連の暗く悲しいニュースばかり。
感染者が何名増えて、亡くなった方は何名で・・・。

新聞やWebも同じで、専門家は怖い話で不安を煽り、
ネット民達は何かにつけて誰彼が悪いのだと批判をまくし立て・・・。

ただでさえ気分転換もままならない時期なのに、自宅に篭ってそんなのを四六時中見ていたら、
誰だってストレスが溜まってイライラしたり、鬱っぽくなったりしてしまいますよね。

何をするにも不安や焦りや怖さが先立って、楽しめない、嬉しくない、笑顔になれない・・・。

でも、心がこんな状態ではウイルスとは戦えません。
ネガティブな感情は、身体の免疫機能まで低下させてしまうのだそうです。

僕はこれまでブログやメルマガを通じて、この時代で稼いでいくためには最新の情報を
積極的に仕入れることが重要だとお伝えしてきました。

新型コロナに関しても、悲惨な報道があるからこそ人々の心に深く刺さるものがあって、
感染拡大の抑止力にもなっているのだと思います。

しかし、本当に心がしんどい時は、逆にそういうのはリアルタイムで見ないほうがいいです。

テレビもスマホも視界の外へやって、好きなものを作って食べたり、家でできる趣味に没頭したりなど、
心の緊張が解れる時間を作るようにすると物事の見え方もまた違ってくるかもしれません。

BUYMAで稼ぐことも、その先にある夢や目標を叶えることも、何事も健康であればこそ
皆さんもご自身の心と身体の元気を維持するための工夫をしてみてくださいね。

おわりに


いかがでしたか?

今回は新型コロナウイルス感染拡大によるBUYMAへの影響や、
現状を乗り越えるためにできることをお伝えしてまいりました。

繰り返しますが、どんなに困難な状況におかれても、乗り越える方法や手段は必ずどこかにあるはずです。
それを考える頭と、行動する体を、僕達は持っています。

僕は専門家ではないので今後どうなっていくのかはわからないし、
こういう可能性がありそう、というのも一プレイヤーとしての推測にしかすぎません。

それでもブログを読んでくれている皆さんには、今回の経験を通じて自ら考え動くことを学び
成長してもらいたいと思い、この記事を書きました。

今、皆さんには何ができるでしょうか?
何を得ることができるでしょうか?

その答えを自分の言葉で口にすることができた時、これまでとは少し違った物事の見方が
できるようになっているのではないかと思います。

今しばらくは不安定で不自由な日々が続きますが、いずれ収束の兆しが訪れることを
信じてポジティブに前へ進みましょう。

すべての読者の皆さんへ、心からのエールを送ります。

TERU
困ったことがあったら、いつでも遠慮なくご相談ください。
一緒に乗り越えていきましょう^^

テルへの質問・相談はこちらから

それでは今日はこのへんで。
最後までご拝読いただきありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE