バイマ サラリーマンが副業で月収100万以上稼ぐブログ

Make Your Life

BUYMAの販売方法|高値売りと薄利多売それぞれのメリット・デメリットを具体的に解説

1393 views
約 17 分

Web Marketing BUYMA

Welcome the next generation into your business for growth and diversification. Learn how to set the stage for transitioning ownership & leadership while promoting intrapreneurship and innovation.

こんにちは、テルです^^
今回は「高値売り」と「薄利多売」それぞれのメリット・デメリットをお伝えしていきます。

ブログ読者さんの中にはBUYMA(バイマ)で活動を始めたばかりの方も多いと思いますが、
これから商売を軌道に乗せていくためには「どういう売り方をしていけばいいか」という
販売方法を自分自身で考える必要があります。

高値売りと薄利多売にはそれぞれメリット・デメリットがあり、どちらが良いかは一概には言えません。
バイヤー個人の考え方や活動状況によっても、向き不向きが分かれることになるでしょう。

ぜひ本記事を最後まで読んで、自分にとってベストな販売方法を選択してもらえたらと思います!!

TERU
内容をより深く理解していただけるよう、輸入転売ビジネスの基本用語についてもまとめました。
初心者の方は参考にしてくださいね^^

BUYMAの「売上」「利益」「利益率」の意味を理解しよう


それではまず最初に、この記事の内容を皆さんにより深く理解していただけるように、
次の3つの言葉の意味を解説したいと思います。

  • 売上
  • 利益
  • 利益率

「もう知ってるよ!」という方も、今一度おさらいするつもりで読んでみてくださいね!

「売上」とは

売上とは、皆さんが商品を販売してお客様から受け取った代金のことを言います。

【例】

バイヤーのAさんは、ある商品を1個6,000円で仕入れて10,000円で販売しています。
この商品が売れた場合、Aさんの売上は10,000円となります。

このように、仕入れにかかった費用はさておいて「いくらで売れたか」というのを示すのが売上です。
当たり前の話ですが、たくさんのお客さんが買ってくれるほど売上も大きくなります。

「利益」とは

一方、利益とは売上から商品の原価を差し引いた金額のことを言います。

【例】

バイヤーのAさんは、ある商品を1個6,000円で仕入れて10,000円で販売しています。
この商品が売れた場合、Aさんの利益は4,000円となります。

このように、利益は売り手が「いくら儲けたのか」を示す言葉ですが、
実は利益にはいくつか種類があり、それぞれ違った意味合いを持っています。

よくBUYMAで稼いでいる人達が「月収◯万円を達成しました!」などと言っていたりしますよね。
しかし、その人がどの利益を月収と定義しているかによって、実際に儲けた額は異なります。

利益の種類

売上総利益
(粗利益)
売上高から原価を差し引いた利益です。
ざっくり計算した利益ということで粗利益とも言います。
【計算式】売上総利益=売上高-原価
営業利益 売上総利益から、さらに「販売費および一般管理費(販管費)」を差し引いた利益です。
販管費には人件費や広告費、光熱費、通信費などが該当します。
【計算式】営業利益=売上総利益-販管費
経常利益 本業を含めた事業全体から経常的に得た利益です。
企業であれば、この数値が高いほど収益性が高い会社であることを示します。
【計算式】経常利益=営業利益+営業外収益-営業外費用
税引前
当期純利益
法人税などの税金を支払う前の稼いだ利益です。
固定資産売却益(損)など、普通は計上されない特別な利益や損失があった時に計算されます。
【計算式】税引前当期純利益=経常利益+特別利益-特別損益
TERU
BUYMAの利益計算では「売上総利益」「営業利益」が特に重要になりますので、
意味の違いを正しく覚えておきましょう!

「利益率」とは

利益率とは売上に対する利益の比率をパーセンテージであらわしたもので、
「利益 ÷ 売上高 × 100(%)」で計算できます。

【例】

  1. バイヤーのAさんは、ある商品を1個6,000円で仕入れて10,000円で販売しています。
    この商品が売れた場合、Aさんが得られる利益は4,000円、利益率は40%です。
  2. バイヤーのBさんは、ある商品を1個8,000円で仕入れて10,000円で販売しています。
    この商品が売れた場合、Bさんが得られる利益は2,000円、利益率は20%です。

この2人の販売目標が「2万円儲けること」だったとしたら、Aさんが5個売れば達成できるのに対して
Bさんはその倍の10個も売らなくてはなりません。

つまり、売上高は同じでも利益率が高ければ、それだけお金を稼ぐうえでの効率が良いということ。
最終的に手元に残るお金も大きく違ってきます。

BUYMAで高値売りするメリット・デメリット


さて、ここからはBUYMAで「高値売り」「薄利多売」をするメリット・デメリットを
それぞれ詳しくご説明していきます。

まず、BUYMAにおける高値売りとは一般的に利益率を高く設定して商品を売る販売手法を指しますが、
情報発信者の中にはこれとは少し違った、次のような定義づけをしている人達も存在します。

  • 薄利多売をしないこと
  • ハイブランドや高額商品を販売すること
  • 国内定価より高く販売すること
  • 新たな市場にいち早く参入して先行者利益を得ること  など

このように人によって様々な定義がなされていますが、高く売って利益を多く取るという考え方は
いずれも共通しています。

BUYMAで高値売りをするメリット

高値売りをするメリット

  1. 売れた時の利益額が大きい
  2. 少ない作業量で十分な利益が確保できる
  3. 参入障壁が高くライバルが少ない

先ほどお伝えしたように、売上に対する利益の割合が大きければ、それだけ効率的にお金を稼げます。

たとえば10,000円の利益を得たいと考えている場合、1個あたりの利益が1,000円の商品であれば
10個も売らなくてはなりませんが、1個あたりの利益が10,000円の商品ならたった1個売るだけ。
単純に1/10の労力で同じ儲けが出るというわけです。

TERU
作業量が少なくて済むぶん、自由に使える時間も持てるようになりますね^^

BUYMAで高値売りをするデメリット

高値売りをするデメリット

  1. 売れるまで時間がかかるので売上が安定しにくい
  2. 売れるための知識やノウハウの習得が必須
  3. 仕組み化が難しい

とはいえ、高利益が取れる商品というのはそう簡単に見つけられるものではありません。

利益を多く取るということは、まず仕入れ原価を抑えることを優先的に考えなくてはならないので、
日頃の仕入れ先のリサーチはもちろんVIP交渉や卸売交渉、さらには総代理店交渉といった戦略にも
踏み込む必要が出てきます。

また、一概には言えませんが、取れる利益が大きいということは商品そのものの値段も高いですから、
低利益の安い商品のようにすぐには売れません。

そのため、安定した売上を確保できるようになるまでにはどうしても時間がかかりますし、
売れにくさを解消していくためにはしっかりとしたアカウントを構築するほか、
マーケティングや顧客心理などを学ぶことが必須です。

TERU
中には「高値売り=楽して稼げる」と思っている人もいますが、それは違いますよ!
売れるための努力なくして高値売りが成功することはありません。

BUYMAで薄利多売するメリット・デメリット


薄利多売とは、文字通り利益を薄く(少なく)することで販売価格を下げて
そのぶん大量に売りさばくという、高値売りとはまったく逆の販売手法です。

続いては、BUYMAでこの薄利多売をするメリット・デメリットをご説明していきます。

BUYMAで薄利多売をするメリット

薄利多売をするメリット

  1. 販売価格が安いのですぐ売れる(売れやすい)
  2. 商品回転率が高く売上が安定しやすい
  3. リサーチや価格計算が簡単

薄利多売というと、世間的にあまり良いイメージではないのでしょう。
しかし、実際はそうでもありません。

まず、BUYMAにはワンコインで買えるものから100万円以上するものまで様々な価格帯の商品が
出品されていますが、その中でもっとも売れ行きが良いのが1万円前後の低価格帯の商品です。

こうした安くてもよく売れる=良い出品してからお客様に買ってもらえるまでの時間が短い商品を
どんどん販売して回転率を上げていくことで、初心者バイヤーでも売上が安定しやすくなります。

また、低価格帯の商品は仕入れ値も安いため、海外輸入品にかかる関税が免除になるケースも多く、
価格設定の時に面倒な計算をしなくて済むのも初心者にとっては嬉しいところ。

さらに、低価格で売れるブランドのほとんどは買い付け可能なショップが限定されているので、
わざわざ買い付け先を探す手間もありません。

TERU
このように、売れるまでの作業が非常に簡単であることから、バイヤーの中にはあえて
薄利多売に取り組んでいるという人達もいます。

BUYMAで薄利多売をするデメリット

薄利多売をするデメリット

  1. 価格以外の価値を提供しにくく価格競争に陥りがち
  2. 参入障壁が低いのでライバルが多い
  3. 作業量のわりに利益が上がらない

しかし、BUYMAのようなECサイトでは、安価な商品ほど付加価値を提供しにくくなります。
価格以外で差別化を図ることが難しいということは、価格競争を勝ち続けるしかないですよね。

とはいえ、ただでさえ少ない利益を削って値下げ合戦をするわけですから、
一つニつ売れたところでは大した儲けにはなりません。

しっかり稼ぎたいと思ったら、とにかくたくさん売ることが薄利多売の原理原則ではありますが、
この「数を売って稼ぐ」というのは誰もが長期的に継続できるものではないと僕は思います。

価格を安くしたら受注は増えたけど、そのぶんやることも多くなってきた。
やることが多くなって忙しくなったけど、手元の利益はさっぱり伸びない。
こんな状況でモチベーションを保ち続けるのは、誰だって難しいでしょう。

薄利多売で稼いでいくなら、そのあたりの覚悟はしておく必要があります。

TERU
僕のコンサル卒業生にも「1商品あたりの利益が200円だった」という主婦の方がいました。
そんな状況だと、バイヤー活動を続けていくこと自体悩みますね・・・。

【結論】BUYMAは高値売りと薄利多売はどちらがいい?


さて、ここまで「高値売り」と「薄利多売」それぞれのメリット・デメリットをご覧いただきましたが、
皆さんはどちらが自分に適していると思いましたか?

僕自身は高値売りを実践していて、さらにコンサルの生徒さん達にも高値売りを教えています。

その理由は僕自身が成功できたからというのもありますが、これまでご縁があった生徒さんの多くが
BUYMAで稼いだその先で叶えたい大きな夢や目標を持っている、とても志の高い人達だったから。

脱サラしたいとか、自分の会社を持って独立したいとか、そういう思いがあって
お金を稼ぎたいという人には、薄利多売の販売スタイルは向いていないのです。

たとえば月収50万円を稼ぎたい人が、1つあたりの利益が1,000円の商品を主に取り扱うとしたら、
1ヶ月に500個を売りさばかなくてはなりません。

アパレル系ECサイトで月500個というのは珍しくないですし、個人でも対応することは可能ですが、
リサーチから取引、発送までにかかる労力を考えたら、決して楽に達成できる数字ではないでしょう。

一方、ちょっとした副業やお小遣い稼ぎで月に5万円〜10万円あれば十分だという人の場合は、
高利益が取れる商品を探し回ったり売れるための戦略をあれこれ考えたりするよりも、
安い商品をたくさん出品することに注力したほうが早く売上を安定させられます。

最初のうちは膨大な作業量を一人でこなすことになるので少し大変かもしれませんが、
外注化の仕組みがうまく整ってくれば最低限の労力で稼ぐことが可能になるはずです。

とにかく大きく稼ぎたいなら高値売り、そこそこで十分なら薄利多売
考え方としてはこんな感じで問題ないかと思います。

皆さんも販売方法を決める時は、最終的にどれくらいの利益を得られるようになりたいかを考えて
自分に合ったほうを選んでくださいね。

TERU
どちらを実践したとしても、BUYMAは努力がしっかり結果に結びつく素晴らしいビジネスですよ^^
人生がガラッと変わるくらいの収入を得られるようになった人も少なくありません。

まとめ


いかがでしたか?
今回は「高値売り」と「薄利多売」の違いやそれぞれのメリット・デメリットをご紹介いたしました。

BUYMA初心者の方は、儲けを出すというより受注を獲得しやすくする目的で、
最初はあえて低価格帯の商品を選んで販売してみるというのも良いでしょう。
実際に取引をこなすことで各作業に早く慣れますし、実績や評価がたまれば
バイヤーとしての信頼度が高まってより売れやすくなります。

もちろん知識やノウハウをしっかり身につけたうえではじめから高値売りに挑戦しても構いませんが、
いずれにしても先入観や思い込みでそれぞれの販売方法の良し悪しを決めつけたりはしないことです。

高値売りは難しいとか、薄利多売は稼げないとか、固定観念にとらわれていては身動きが取れません。
物事の本質や正解不正解というのは、自分自身で経験してはじめて理解するものです。
金銭的リスクの少ないBUYMAなら、多少失敗したってそこからいくらでも挽回できます。

「気になるな」「やってみたいな」と思う時がきたなら、どんどん挑戦してください^^

TERU
活動中の疑問や不安はそのままにせず、いつでもお気軽にお問い合わせください。
問題解決に向けてサポートさせていただきます!

なお、僕のメルマガではさらにBUYMAで稼ぐための特別なノウハウをお伝えしています。
よろしければぜひ登録してみてくださいね。

もっと稼げる情報を受けとる

それでは今日はこのへんで。
最後までご拝読いただきありがとうございました^^

バイマ副業  サラリーマンが月収50万稼ぐブログ

バイマの5つのリサーチと、更に利益が取れるアパレル系トレンドサイトを使ったリサーチ方法を解説

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE